図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)

  • 16人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 鈴木安而
  • エスシーシー (2016年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886472489

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アジャイル誕生の説明から始まり、
    アジャイルの大規模プロジェクトへの適用方法や契約、
    アジャイルの中でも代表的なスクラムの知識体系である
    SBOKの説明と基本的なことが全て書いてあります。

    図解部分が無くても分かりやすい内容になっており、
    アジャイルをこれから学ぶ人にとっては良書だと思います。

    【勉強になったこと】
    ・アジャイルは協業をモットーとしたマネジメントなので、
    「指示型」「指揮型」といったスタイルではなく、
    「コーチング」「メンタリング」といったリーダーシップ
     スタイルが合っている。

    ・プロダクトオーナーは各種レビューやバックログの準備等、
     プロダクトに関わる進め方や検討事項の決定を担うため、
     掛け持ちできたとしてもせいぜい2つまで。

    ・たとえ請負契約であったとしても、請負先に指示を出すと、
     準委任契約とみなされる。そのため、完成責任や瑕疵担保
     責任といったものも無くなってしまう。

    ・アジャイルではイテレーション中は変更要件を受け付け
     ない。変更要件をためておき、次のイテレーションにて
     組み込むか組み込まないかを判断して進めていく。

    ・アジャイル・プロジェクトの一般的な進め方
     STEP1:プロジェクト・ビジョン記述書の作成
     STEP2:優先順位付きプロダクト・バックログの作成
     STEP3:スプリントの開始
     STEP4:スプリント期間の設定
     STEP5:ユーザー・ストーリー
     STEP6:日々のスダンドアップ会議の実施
     STEP7:スプリント・レビュー会議の実施
     STEP8:成果物と受け入れ基準
     STEP9:成果物の顧客へのリリース
     STEP10:レトロスペクティブ・スプリント会議の実施
     STEP11:次のスプリントの開始
     STEP12:全バックログ完了とプロジェクト終了

    ・徹底的な見える化
     プロダクトバックログ・スクラムボード・リリース計画・
     バーンダウンチャートを活用するだけでなく、
     日々のスタンドアップ会議にて常に情報共有を行うこと。

    ・会議は時間を決めて実施することが重要
     例えば、4週でのイテレーションの場合
      スタンドアップ会議:15分 / 日
      スプリント計画会議:8時間
      スプリント・レビュー会議:4時間
      レトロスペクティブ・スプリント会議:4時間

    ・対応する優先順位づけを決めるのは顧客側であり、
     決まった順番に従ってプロダクト・バックログを
     並べ対応していくこと。

    ・リスクマネジメントのプロセス
     ①リスク特定
      スプリントやプロジェクトの振り返りやレビューからの教訓
      リスク・チェックリストによる洗い出し
      リスク・プロンプト・リストによる洗い出し(公開リスト)
      ブレーンストーミング
      リスク・ブレイクダウン・ストラクチャーの作成
      リスク・ベースのスパイク(やってみる)
     ②リスク査定
      リスク会議の実施
      リスクの可視化
       - 発生確率ツリー
       - パレート分析
       - 発生確率・影響度グリッド
     ③リスク優先順位付け
     ④リスク低減
      リスク発生時の対応策を決定する。
     ⑤リスクコミュニケーションの実施

    ・プロジェクト・ビジョン作成のためには、上位マネジメント
     参加によるプロジェクト・ビジョン会議を開催し、
     ビジネス背景、ビジネス要求事項、ステークホルダーの期待
     などを特定する。

    ・スクラムチームには、
      独立性、自己動機付け、顧客第一主義、責任感、協業的
     という要素をもつメンバーを集めること。

    ・ユーザーストーリーを作成するときは、
     Independent(独自性):
      他のユーザー・ストーリーと重複しないこと
     Negotiable(交渉可能性):
      顧客と開発側と交渉して開発が出来ること
     Valuable(価値あること):
      ユーザーにとって価値があること
     Estimate-able(見積もり可能性):
      作業工数見積もり可能なこと
     Small(小さい):
      見積もりや計画しやすいこと
     Testable(試験可能性):
      結果をテストで確認出来ること
     といった特性をもっている必要がある。

    ・3点見積もりとは、
     複数の見積もりを最可能値、悲観値、楽観値に分けて、
     見積もりを算出する方法のこと。
      (悲観値 + 4 x 最可能値 + 楽観値) / 6

全1件中 1 - 1件を表示

鈴木安而の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)はこんな本です

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)を本棚に登録しているひと

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)を本棚に「積読」で登録しているひと

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)の作品紹介

「アジャイルってなんだ?」
「どうやったらいいのかわからない」
PMBOKガイド監訳責任者がその疑問にお答えします!

 欧米のソフトウェア開発プロジェクトでは当たり前となった「アジャイル」ですが、日本では名前だけが先行し、まだまだ事例が少ないのが実情です。

 PMBOK監訳責任者でもある著者は、2年にわたりアジャイルに関する欧米、日本の事例を研究。
 そこからアジャイルの具体的導入方法や日本における問題点を明確にし、本書にてプロジェクト成功のためのマネジメント手法として解説しています。
  ・なぜアジャイルが生まれたのか、従来の「ウォーターフォール」からのプロジェクトの歴史も解説。
  ・具体的な導入手順や失敗例からの教訓、アジャイルを進める事例を物語風に紹介。
  ・PMBOKガイド翻訳の経験を活かし、アジャイルの独特な用語、表現も邦訳・解説。
 
 さらにアジャイル手法のうち最新、かつ著者が最も優れていると考える「スクラム」の体系もわかりやすく解説しています。
 
 これからアジャイル・プロジェクトにチャレンジしようという方におすすめです!

図解でわかるアジャイル・プロジェクトマネジメント (SCC Books 389)のKindle版

ツイートする