今月のわんこ生活 3 (ダイトコミックス 314)

  • 34人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 遠藤淑子
  • 大都社 (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886534941

今月のわんこ生活 3 (ダイトコミックス 314)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんわかとした、遠藤さんの愛犬との日常の四コマ漫画。
    ほんわかとした作品の空気が好きです。

  • 1巻が手に入らないのが痛いよ・・・良かった、アホな子ボーダーが他にいて・・・

  • ところどころ、プッとふいてしまいます(^^;)

  • ななっちも段々お年を召してパワフルさが薄れてきたような。まあ仕方ないですよね。代謝が落ちて体重が増えるってのは身につまされる話だなあ…。それにしても遠藤さんは一挙に3冊発行とかそういう企画多いですよね。大変そう。

  • ナナっちの高齢化を憂慮しつつ第3巻まで来ましたか。
    子どもの頃の性格が成長して変わるなんて嘘っぱちだ、わがままな子どもはもっとわがままな年寄りになる…という記述があったのは何の本だっけ。ナナっちもキャラが熟成してきたのう。

  • 数少ないイヌ物エッセイ。ダイエットとヘルニアは愛想のいい大型犬にはつきものなのかしら。三浦実子も描いてたなあ。

  • 子供の居ない友達が犬を息子のように可愛がっているけど、
    食事に関しては意外にも超がつくほどスパルタで、
    かわいそうなくらいちょっとしか食べさせないのを見ているので、
    ナナっちの食べ物に関する恵まれっぷりはすごいと思う。
    でもどっちが犬にとって幸せなんだろな~、となると私にはわからんな^^;

    まあ結局のところ。
    1巻から読んでいてナナっちにすっかり愛着がわいてしまっているのと、
    実際に犬を飼ったことがない甘ちゃんな犬好きなので星5つ(笑)。

全8件中 1 - 8件を表示

遠藤淑子の作品

今月のわんこ生活 3 (ダイトコミックス 314)はこんなマンガです

ツイートする