弟は兄2人のオモチャ。 (ダイトコミックス BLシリーズ 305)

  • 47人登録
  • 2.35評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (10)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 高山はるな
  • 大都社 (2012年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784886539854

弟は兄2人のオモチャ。 (ダイトコミックス BLシリーズ 305)の感想・レビュー・書評

  • この設定でこんなにも残念な感じになるって、ある意味すばらしいんじゃ。

  • 兄弟だけれど、それにとらわれず…昔ながらのしきたりで兄の言うことは絶対。そういうしきたりで始まりながら、その葛藤が全く見ることができず。
    いったいこの漫画で何を描きたかったのか不明です。
    わざわざ兄弟にする必要もなかったのでは?

  • う~ん...弟くんが兄を受け入れすぎて物足りない。
    何悶着かはあったけど、壁や問題と言えるほどではなくて
    やっぱり物足りなかったです。
    ライバルの黒井ツインズはイイキャラだったかな。

  • 携帯配信と承知の上で買ったにしてもこれは(笑)見事なまでに兄弟の柵とか一切なしなんですね!びっくり。第三者も誰も一切突っ込まないんですけど。誰か1人くらい突っ込んで!兄弟でしょ?!って突っ込んで!お願い!て思うくらいそっちのけだった。兄弟設定にする必要が一体どこにあったのか…もちろん男同士でなんて突っ込みは存在しませんだって兄弟でも誰も何も疑問視しないんだもの。すげぇ。弟も最初から嫌がってないし背徳感とか後ろめたさとかマイナス感情は一切ないので、いくらでも深く書ける設定なのに吹けば飛ぶようなお話でした。軽すぎて!軽すぎて!ザ・携帯配信みたいな。話は一切なし。コメディを楽しむものなのか。
    大体旧家と言う割にどこが?ちょう庶民だよね?ていう。旧家らしさ一切なし。最初にやる為だけの設定ですねそうですね。そして親どこいった。突っ込みが追いつかない。双子にも盛大に突っ込みたい。BLはファンタジーだけど最近はどこかを少し現実寄りにする傾向な中、ある意味潔いのか。

    携帯配信て一話完結とか兎に角とりあえずえろい話とか色々制限あって大変なんでしょうけど、実力ある人でもその制限て難しいと思うのですが携帯って新人さんとか紙取れない人とか?でそうなると更にクオリティが…。デフレスパイラルみたいな。携帯は避けようとなってくる気が。使い捨てみたいな感じなのかなーとか。でも携帯の時点で売れてれば問題ないのかな?携帯で売れたから紙にしてるんだろうし。

全4件中 1 - 4件を表示

弟は兄2人のオモチャ。 (ダイトコミックス BLシリーズ 305)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

弟は兄2人のオモチャ。 (ダイトコミックス BLシリーズ 305)を本棚に「積読」で登録しているひと

弟は兄2人のオモチャ。 (ダイトコミックス BLシリーズ 305)はこんなマンガです

ツイートする