肉中の哲学―肉体を具有したマインドが西洋の思考に挑戦する

  • 24人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : George Lakoff  Mark Johnson  計見 一雄 
  • 哲学書房 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (701ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886790866

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
Marvin M...
レイチェル カー...
スラヴォイ・ジジ...
ヴィクトール・E...
レイチェル・L....
有効な右矢印 無効な右矢印

肉中の哲学―肉体を具有したマインドが西洋の思考に挑戦するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全1件中 1 - 1件を表示

肉中の哲学―肉体を具有したマインドが西洋の思考に挑戦するの作品紹介

高速で意識には到達不可能なニューラルなプロセス(認知的無意識)に分け入って、概念システム、カテゴリー、推論のメカニズムを解き、アイデア(観念)と感覚運動の同時賦活の瞬間を明らかにする。こうして、身体から切り離されたマインドの上に建つ楼閣=形而上学の全て、分析哲学、ポストモダン哲学が、実証的に覆されるのだ。「汝自身を知れ」への、マインドと脳の科学からの回答。

肉中の哲学―肉体を具有したマインドが西洋の思考に挑戦するはこんな本です

ツイートする