死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Helmut F. Kaplan  ニトライ 陽子  まきぼう  田辺 リューディア 
  • 同時代社 (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886835444

死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 深く深く共感しまくった本です。いま友達に貸し出し中。

  • 分類=動物実験。05年3月。

全3件中 1 - 3件を表示

死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由を本棚に「積読」で登録しているひと

死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由の作品紹介

「どうして、動物を殺してはいけないの?」何も知らない子どもにそう聞かれたら、あなたは何と答えますか?ドイツ語圏において動物の権利運動に大きな影響をあたえたベストセラー。

死体の晩餐―動物の権利と菜食の理由はこんな本です

ツイートする