ル・コルビュジエの全住宅

  • 162人登録
  • 3.53評価
    • (18)
    • (16)
    • (52)
    • (1)
    • (2)
  • 17レビュー
制作 : 東京大学工学部建築学科安藤忠雄研究室 
  • TOTO出版 (2001年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887061989

ル・コルビュジエの全住宅の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵が綺麗に載っている雑誌と合わせて、これは辞書的に使って読んだため、意味があった。
    これだけ読んだら超つまらない、建築家のための専門図面書w

    全部は読んでいませんが、写真集的なのと一緒に読んだのでとても役立ちました。

  • 構成は凄くシンプルなのに、どの家も違う。
    住む人の生活の動線と、リズム、光の入り方をデザインに取り入れている。
    上から見たときも、横からみたときも美しく、きっと内部から外を見たときもどれも美しいのだろうなと思う。
    どんな人がどんな生活するのだろうと想像しながら読む(観る)とドキドキする。建築って本来そういうものですよね?

  • 思っていたより解説の文章は少なくて、模型の写真と図面が9割。でも、雄弁な本だとおもう。短いながらどの文章も大変凝縮度の高いすばらしいもの。巻末の手島×富永対談も着眼点一つ一つが大変深みがあって面白い。

  • 知り合いが学生時代に制作した本。素晴らしい 建築に関わり、コルビュジエが好きな人なら一冊持っていたい本。

  • コルビュジエの図面が、途中経過案から計画のみで建てられなかったものまで網羅。本当にすばらしい一冊。

  • いまでも偉大さと先見性を感じさせてくれます。
    (でも、やっぱりトイレは狭そう)

  • 大好きな建築家さん。
    無機質だけどあったかい、白い家たち。
    いつか観に行きたい!

  • モダニズムの巨匠ル・コルビュジエ。
    コルブの全住宅をひたすら模型と図面で紹介。
    コルブとモダニズムの進化を読める良書。

    とにかくコルブ好き、図面フェチにはたまらない1冊。

  • コルビュジエ建築を安藤忠雄のゼミが図面にしたみたいで。

  • 2001

全17件中 1 - 10件を表示

ル・コルビュジエの全住宅を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ル・コルビュジエの全住宅の作品紹介

建築の歴史を変えた住宅。巨匠ル・コルビュジエが描いた夢の軌跡を全106作品・210プランの図面・模型で紹介。

ル・コルビュジエの全住宅はこんな本です

ツイートする