Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974

  • 120人登録
  • 3.91評価
    • (20)
    • (11)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 斎藤裕
  • TOTO出版 (2003年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887062283

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東京大学工学部建...
磯崎 新
中村 好文
ル・コルビュジェ
深澤 直人
安藤 忠雄
安藤 忠雄
隈 研吾
有効な右矢印 無効な右矢印

Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フィッシャー邸。
    シンプルかつ外壁の木の美しさ。
    オーナーがオイル塗装をしていたそうです。
    でもあの空間を体験しなければこの建築の本当の価値がは分からないのでしょう。いつか行って確かめたい。

  • 素晴らしい。厳格、峻厳、孤高という感じで、大地に屹立してる感じがする。真理の階段を登り切って、誰もくることのない山の上で、じっとたたずみながら、しかし時折こっそり家の外を覗いているような、そんな人物像を想起する、わずかなシャイネスも垣間見えた。

    -----------------------------------

    House とは、よき住空間の抽象的な特質を指します。Houseはフォームです。それは心の中にあるもので、形態や大きさなどの実体はありません。一方で、a houseは心の中にある空間の、状況的な住まいへの解釈です。これはデザインです。偉大な建築家とは、状況的な解釈として出したa houseよりも、心のなかにあるフォーム(House)を具現化する能力であると思います。

    ★カーンの家の定義に即すれば、バラガン邸はHouseそのものであり、だれにとっても『家』と感じられる空間にまで昇華しているということだろう。設計当時のバラガンに、そういう意識はおそらくなかったことである。むしろ、一人住まいの建築家の自邸として、自分独りのために、彼自身が満ち足りた時間を過ごせるような空間をひたむきに希求したのがあの家なのだ。独りの時間を持つこと、孤独であることは彼の人生の柱だった。

    →★『忘れていた場所』という言葉を想起するなぁ。自分の中にある「世界=音」に気付く空間を、おそらくカーンはHouseと呼んでいる。宵の実も、オキーフ邸も、孤独という言葉がぴったりくる。でも寂しくはない。それはそこにその人間の「世界」が反映されているからで、そういう空間においてしか、沈黙って発生しないんだろうなぁ。誰かの沈黙を具象化したところの¥にだけ、人は共振し、「世界」を想いだすことができる。

    その場所に光りをもたらす構造がどのようなものか、そのことだけを考えているのです

  • 代官山蔦谷書店コンシェルジュが、デジハリ生向けの本を選書してくれました。コミュニケーションエリアの白い棚に並んでいます。

  • 斎藤さんの本は、本当に見応えあり、僕は好きです。他にもルイス・バラガンやカルロ・スカルパの本も良かった。この本はルイス・カーンの設計した住宅が載っている。他にもフィッシャーさんのインタビューからは、その人物像を垣間見ることができる。廃盤になる前には手に入れたいです。

  • ルイスカーンの住宅を集めた本ということで、なかなか読み応えがあります。個人的にはスティーヴン・コーマン邸が最高に好きなので、他の作品には目がいかなかったですが。

  • 写真はかっこいいけれど、
    カーンの凄さはこの本じゃよくわからない。

    まだ実物みたことないからそれが正しいかどうかもわからないけれど。

  • 初めて買った建築家の作品集

  • 建築家齋藤裕によって撮られたルイス・カーン作品集。
    二十世紀最後の巨匠が贈る永遠の住宅を堪能できる。
    あらためてカーンが好きになれる一冊。

  • 他でもない斎藤 裕氏によってルイスカーンの住宅が丁寧に紹介されている。必見。

  • 5%

全10件中 1 - 10件を表示

Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974を本棚に登録しているひと

Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974はこんな本です

ツイートする