リアライジング・デザイン

  • 69人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (2)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 川上典李子
  • TOTO出版 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887062320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェーン・フルト...
ウォルター・アイ...
佐藤 雅彦
原 研哉/阿部 ...
クリス・アンダー...
ジェームス W....
日本デザインコミ...
有効な右矢印 無効な右矢印

リアライジング・デザインの感想・レビュー・書評

  • 黒川勉 ①フュージョン(Fusion):交差するデザイン。要素の均衡理論。
    岩崎一郎 ②メタモルフォーゼ(Metamorphosis):変化し、成長し続ける思想と挑戦。
    グエナル・ニコラ ③シームレス・マインド(Seamless Mind):香水ボトルから空間までを、いかに構築するのか
    西堀晋 ④パースペクティブ(Perspective):生活者というデザインの視座をもち続ける
    吉岡徳仁 ⑤ビヨンド・フォルム(Beyond Form):模索から生まれる有無風の力

    JasperMorrison
    RonArad
    KarimRashid
    SamHecht
    EttoreSottsass
    IngoMaurer

  • ソットサス氏に興味があって買ったけど、他の方のお話もおもしろい。
    何故か大概晩ごはん作ってるとき読みたくなって読んでる本。

  • 二年前の本だけれど、最近読んでいる本。
    著者の川上さんは、客観的ながら熱い、ジャーナリストでありながら、デザイナー以上にデザインを愛している人だと思うくらい素敵な文章を書く人だなあと思っている。こういう知的な人になりたいものです。この本を読むとさらにデザインがすきになります。文章を寄せているカリムラシッドが、毎日八時には仕事を終えるが、そのかわり週七日働いているということが印象に残っている。考えたら、デザインすることにオンとオフはいらないなあと。
    それから今はもう亡くなられた黒川勉さんの謙虚な姿勢も印象的だ。
    ものをつくるって大変だけど、
    いいなあと思う。

  • 装丁に引かれて買いました。
    ここにも「デザインの瞬間〜」同様「本当に何かをやっている」人がいっぱい出てきます。「耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる。目をこらせば求められているものの姿が見える。」生きる姿勢を言葉にしただけだ、これも村上春樹が書いていました。

全5件中 1 - 5件を表示

リアライジング・デザインを本棚に登録しているひと

リアライジング・デザインを本棚に「読みたい」で登録しているひと

リアライジング・デザインを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リアライジング・デザインを本棚に「積読」で登録しているひと

リアライジング・デザインの作品紹介

実現するデザイン-既成概念を超える。行動するデザイナーたちの方法論。エットレ・ソットサス、ジャスパー・モリソン、カリム・ラシッド、ロン・アラッドらも参加した、最強のデザイン書。

リアライジング・デザインはこんな本です

ツイートする