磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿

  • 63人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • TOTO出版 (2010年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887063082

磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿の感想・レビュー・書評

  •  磯崎さんにとっての建築史の知識というものは、単なる教養にとどまるものでもなければ、「過去から学ぶ」といった三流ビジネス書にありがちな実利的なものでもない。

     この本では歴史上(主にイタリア建築史)の事件と磯崎さんが今まで経験した「事件」とが平行して語られているが、ここで語られる建築史は単なる知識ではなく、完全に磯崎さん自身の言葉で語られ直した<イソザキ建築史>となっている。

     おそらく磯崎さんは幾つか重大な事件に遭遇したことをきっかけに何かを考えざるを得ない状況になった、だからこそ磯崎さんのデータベースにある、類似した建築史上の事件が網に引っかかってきたのだろう。それは安易に歴史に答えを求めるような態度とはまったく違うものだ。

     もし歴史が教養以上に必要とされるならば、それは、磯崎さんがこの本で示したような<自分で語り直す建築史>をつくり、自らを相対化するためだけにあるのではないか。(T.N) 

  • 請求記号: 523.37||I
    資料ID: 91113560
    配架場所: 工大選書フェア

  • 横断しすぎでついて行けなかった。。。

全4件中 1 - 4件を表示

磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿を本棚に「積読」で登録しているひと

磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿の作品紹介

磯崎新と2人の美術史研究者による建築と美術をめぐる知のバトルロワイヤル。500年を駆けめぐる推理と検証の大旅行。あらゆる領域を横断せよ。

磯崎新の建築・美術をめぐる10の事件簿はこんな本です

ツイートする