王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合

  • 26人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Marc Bloch  井上 泰男  渡辺 昌美 
  • 刀水書房 (1998年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (617ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887082311

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合の感想・レビュー・書評

  • ようやく読了。
    マルク・ブロックはアナール学派初期の泰斗。本書はストラスブール大学から1924年に刊行された。ドイツとフランスで取り合いをしていたアルザス・ロレーヌが、第一次世界大戦後、フランス統治下におかれた頃である。

    中世期、フランスとイギリスの王は、瘰癧患者に触れると治癒するという奇跡を起こせるとされてきた。実際、多い年には数千人も触ったらしい。
    この奇跡の源泉は王権にもとづくのか、キリストにもとづく(王は塗油によって聖別された)のか、世俗権力と教会権力の力関係によってさまざまに解釈されてきた。たとえば、グレゴリウス改革期は教会権力を世俗権力の上に位置づけるためにもちろん後者の解釈が喧伝されたし、プロテスタントサイドは、カトリックの儀式の価値を認めない。

    フランスとイギリス以外の国では見られないというのと、イギリスでは指輪や貨幣を奇跡の媒介にするケースが多いというのも興味深い。王が奉納した癲癇指輪(クランプリング)という指輪が癲癇を治療すると言う信仰もあったらしい。トールキンの指輪物語の国にはこういう下地があったのだ。

    起源はイギリスよりフランスの方が早く、メロヴィング朝やカロリング朝では記録が見られず、カペー朝になってはじまったというが、これは感覚的には違和感がある。カペー朝の正統性を補強するために奇跡の力を借りた、と言う解釈だが、フレイザーじゃないが、むしろ古代の方が「王」のもつ超自然的な力に対する信仰は強かったのではないかと思うのだ。

全1件中 1 - 1件を表示

王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合の作品紹介

原題は「奇跡を行なう王たち」ないし「奇跡をもって病気を癒す王たち」の意。「王の奇跡」とは、王にさわってもらえば病気、それも瘰癧が治癒するという俗信のことである。中世、王の権威は必ずしも不動のものではなかった。特に、フランスの場合、カペー朝初期の王の実勢力など到底大諸侯に及ばなかった。にもかかわらず、この種の呪術的な権威は王のみが保持するところであった。この一見取るに足りない慣習を手がかりに、「宗教的なものから魔術的なものに至るまで何段階にもわたる王の観念」、「他の一切の権力に優越するだけでなく、全く別個の次元に属する権力」を解明した。

王の奇跡―王権の超自然的性格に関する研究/特にフランスとイギリスの場合はこんな本です

ツイートする