スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Ulrich Br¨aker  阪口 修平  鈴木 直志 
  • 刀水書房 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887082403

スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スイスといえば、傭兵。その実態はと手にとった本だが、傭兵経験はほんの少しで、18世紀スイスの下層民の生活実態が事細かに記述されている自伝。当初の狙いとは異なるものの、読み物としては面白かった。

  • スイスの片田舎の貧しい家に生まれた作者、ブレーカーの自伝。少年時代の回想や青春期の初恋の人との恋物語が語られている。その後、名のある人のところで働けると騙され、ベルリンに連れられたあげく知らぬ間にプロイセン軍に売り飛ばされて軍隊生活が始まった。ブレーカーは七年戦争の戦いに駆り出されるが、命からがら戦場から脱走し、故郷へと帰還。
    うるさくも現実的な妻を得て、借金に苦しみながらも家族と幸せな生活を営もうと努力する壮年期の話へと続いていく自伝となっている。
    とにかく真面目で信心深く、妻に尻に敷かれながらもその妻への感謝や愛がある、という作者の考えや気持ちがよくわかる本。230年以上前の人物の自伝なのに、今さっきそこにいたかのような臨場感がある、大変興味深い文学であると思う。

  • 七年戦争に参加したスイス人ブレーカーの自伝

全3件中 1 - 3件を表示

スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)を本棚に登録しているひと

スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スイス傭兵ブレーカーの自伝 (刀水歴史全書)の作品紹介

勇猛果敢なはずの"スイス傭兵"が敵前逃亡!18世紀スイスの貧農に生まれ、だまされてプロイセン軍に売られ、七年戦争の折に逃亡。筆者ブレーカーの生涯でもっとも劇的なこの傭兵体験を始め、赤裸々に綴られた半生の記録、スイス民衆文学の傑作。

ツイートする