図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Lionel Casson  新海 邦治 
  • 刀水書房 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887083561

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)の感想・レビュー・書評

  • 古代世界の図書館についての研究書です。ギリシャやローマでの図書館の発展について知ることができます。

  • 2013 8/22読了。司書課程資料室の本。

    図書・図書館史授業用。
    古代、特にギリシア・ローマにおける図書館や関連事象について調べたく読んだ本。
    これ1冊で古代~中世の授業はできちゃいそうなくらい、記述は厚い。かなり使える内容が多い(のでメモも多い)。
    反面、社会変化とのかかわり等、図書館だけにとらわれない視野の広がりのようなものにはいささか欠ける面もある。この本だけで授業はできなくもないが、それをやるとつまらない、といった感じ。

    以下、各章ごとに気になった点のメモなど。

    ◯1章
    ・p.3 エジプトの書物史をたどれない理由・・・パピルスは保存がきかないことに言及あり

    ・p.4 粘土版もメディアとしては2500年位上使われ続けていた
     ⇒・ってことは、なんだ人類史の大半において、本は紙じゃなかったわけじゃないか!

    ・p.7 エブラ・・・棚を見渡せば調べ物が終わる程度のコレクション
     ⇔・ニップール・・・そこそこ大きくなる⇒目録が出てくる
     ←・この話、第2回の授業に盛りこもう。ただしニップールの目録は一貫性のない順序で題名を表にしただけのもの

    ・p.8~10 ヒッタイト帝国図書館・ノットゥケの遺跡
     ⇒・「奥付」と粘土板への番号付けが行なわれたものが散見される
     +p.10 1段落目より・・・組織化方法の詳細:
     「それぞれの記載は、記録される作品を構成していた粘土板に番号を振ることで始まっている。ちょうど現代の目録が、複数巻の出版物に巻数を付けるのと同じである。それからその記載は作品そのものを識別するために、一行目を引用するような形式で表題を付けたり、ごく簡略化した内容を記したりしている。さらには、その粘土板が作品の最後を表していたのか否かを告げている。また時には、著者ないし著者たちの名前がその記載に含まれていたり、あるいはその他役に立つ情報が加えられたりもする。」
     ←これも第2回に差し込むかな?
      ・ニップール⇔アッシュールバニパルの図書館の間
      ・その前にディグラト・ピトセル一世という王が図書館を作っていた(p.15)
       ←・名前のわかる最古の図書館建設者・・・アッシュールバニパルのところに軽く名前を足すか??

    ・p.19 アッシュールバニパルの蔵書構築法について:
     「アッシュルバニパルの代理人たちは、自分たちに対する王の「要求」に含まれたり表明されたりしていた粘土板を、おそらく没収したのである。それはあたかも所有者たちが、自分たちの職務には直接結びつかず、それゆえ、なくて済ませることが比較的容易だった文書を、王に引き渡したかのように見える。」

    ・p.21:アッシュールバニパルが既に蔵書盗難に悩まされていたむねの記述/汚損の話も
     ・個人コレクションの中には既に貸出を行なうものもあった旨の記述があるが・・・持ち出しを禁じるものも多い

    ・p.25~26:再びエジプトについて:図書館があったという記録があっても、後代の実物は発見し得ない
     ⇒・これはパピルスを使っているため
     ⇔・現代の電子メディアがどうなるか・・・と考えると面白いな
      ←・これは第3回のどこかで組み込んでもいい


    ◯2章:ギリシア
    ・p.29~30:前8世紀中葉:ギリシア人のフェニキア文字との接触・ギリシア式アルファベットの開発
     ⇒・楔形文字に比べ読み書きの修得が容易に
      ⇒・多くの人がリテラシー能力を手に入れる第一歩
      ⇔・(コメント):これがよくわからない・・・それだと日本・江戸期の識字能力の高さってどう説明つけるんだ?

    ・p.30:その他の知識生産の広がりの背景:
     ・学校があり、十分な数の人がそこをクリアできる
     ・功利以外の目... 続きを読む

全2件中 1 - 2件を表示

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)の作品紹介

粘土板はどう扱われたか?パピルスはどう作られ、どう書かれたのか。粘土板から冊子本への進化は図書館をどう変え、本をどれほど増やしたか。それが人間の社会にどんな結果をもたらしたか?

図書館の誕生―古代オリエントからローマへ (刀水歴史全書)はこんな本です

ツイートする