ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 浜忠雄
  • 刀水書房 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887085015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)の感想・レビュー・書評

  • 2011.12.22
    学者による学術論文のにおいもする文体
    内容はなかなか良い

  • ハイチで大地震があって20万人を超す犠牲者が出た。ハイチというのがどういう国か知りたかった。
    1805年、ハイチはフランスから独立。ハイチはすべての国民を黒人と定義した。
    ムラートは全人口の10%でフランス語を話す、そしてキリスト教を崇拝する。90%の黒人は下層でクレオール語を話し、ブードーを奉じている。

全2件中 1 - 2件を表示

ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)を本棚に登録しているひと

ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイチの栄光と苦難―世界初の黒人共和国の行方 (世界史の鏡 地域)の作品紹介

近代世界史のカリブ海地域で起った大西洋黒人奴隷貿易と、その奴隷たちが独立革命を達成したハイチ。革命後200年の今、"世界の最貧国のひとつ"として破滅に瀕しているのは何故か。

ツイートする