国際法から世界を見る―市民のための国際法入門

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 松井芳郎
  • 東信堂 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887135468

国際法から世界を見る―市民のための国際法入門の感想・レビュー・書評

  •  学生時代に公務員試験で勉強した国際法をもう一度勉強したいなあと思っていたら、実家で偶然見つけたので(どのような経緯で入手したか不明)、読んでみました。市民一般から国際法を見るという観点から解説が試みられているので、わかりやすいと思います。ただ、難点は、出版年度が古いこと・・・10年以上前に出版されたので、以降の国際法の展開が書かれていないので、現在においての国際法の入門書とは位置付けられないかなあ・・・。ひとまず勉強にはなりました。

  • 市民を対象にした講演の内容をベースに作られた解説書なので
    比較的入り易いように思います。
    ゼミ(国際法ゼミ)でも使っています。

全2件中 1 - 2件を表示

国際法から世界を見る―市民のための国際法入門の作品紹介

今や明らかに破綻しつつある米国等のイラク戦後処理-それは、今回のような国際法無視の行動が、正統性を欠くのみならず、国際法に凝集された人類積年の英知に逆らう暴挙であったことを、的確に証明しているのだ。国際法の真の意義を明らかにすると共に、現代の諸重要問題群に対し国際法の果たす役割わわかりやすく解き明かした画期的入門書。イラク問題はじめ現在の国際紛争を見据えた最新第2版。

国際法から世界を見る―市民のための国際法入門はこんな本です

国際法から世界を見る―市民のための国際法入門の単行本

国際法から世界を見る―市民のための国際法入門の単行本

ツイートする