NPO実践マネジメント入門

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : パブリックリソースセンター 
  • 東信堂 (2009年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887139114

NPO実践マネジメント入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・読んだ理由
    当団体を客観的に眺め、問題点をあぶり出そうと考えたため。
    (元々一昨年、長期目標検討の際に見ており、再度2月22日のコンサル訪問にあわせ再読した)

    ・内容の簡単なまとめ
    NPOの運営について、理念の決め方から人材育成・広報まで多面的に取り扱っている。具体的事例や学習課題などもついており、学ぶべき内容が満載。

    ・今後の活動に活かせるか
    当団体の組織問題や長期目標を考える上で、大きな参考になる。

    ・おすすめコメント
    自分たちの団体を外から眺めるというのはなかなか困難なこと。
    でも本を見ることで、幾分か客観的な視点が手に入る。
    特に学生は運営に対する視点を持つことで、自分の所属店舗だけでなく、当団体全体を俯瞰することができる。
    必読!
    (4年 I)

全1件中 1 - 1件を表示

NPO実践マネジメント入門の作品紹介

広義のNPOのなかで、社会的課題を解決することをミッションの中核に据えたNPO、いわば「社会変革型NPO」に着目。その代表として、社会的事業に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)を想定し、特に、現在の事業規模で3000万から5000万円前後にある中規模の団体を念頭において、それらが革新的な社会提案を生むために必要な戦略的な視点や、ミッションに基づく経営を通じて組織力を向上させる方策を論じている。

NPO実践マネジメント入門はこんな本です

NPO実践マネジメント入門の単行本

ツイートする