サザエさんの悲劇

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • データハウス (1993年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887181458

サザエさんの悲劇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 磯野家の謎を批判しているがどうも二番煎じの感もある。磯野家がヒロポンやってたのも時代背景を考えろとのことです。

  • (内容)
    磯野家を愛する人にサザエさん研究総集編!!(データハウスの紹介文より)

    (感想)
    "磯野家の謎"に対し、"サザエさんの秘密"が出たのに対し、"磯野家の謎・おかわり"に対しては、本書"サザエさんの悲劇"が出版された。
    といっても、サザエさん一家が悲劇的だという意味ではなく、あらぬ疑いをかけられたことが悲劇、だという意味である。
    では、その疑いとは何か?
    "磯野家の謎・おかわり"には、"磯野家の人々がいつも浮かれている理由"として、"ヒロポン使用の疑いあり"と掲載していたのである。
    本書では、まずこの意見(磯野家のヒロポン、ようするに覚醒剤使用疑惑)を崩し、その後は、磯野家にまつわる謎をいくつか解明している。
    私の知る限りでは、"磯野家の謎シリーズ"、"サザエさんの〜"シリーズは、本書で最後なのだが、もしその後も何か出版されていたら、御連絡を御願い致しますm(__)m
    また、TV版サザエさんの謎本は無いのだろうか。
    脚本家が固定でないため、ストーリーそのものに対しての謎解明はなんら意味を持たないかもしれないが、例えば、TV版の制作秘話や声優さんのインタビューなどが収録されている本があったら、真っ先に買うのだが・・・。。

全2件中 1 - 2件を表示

サザエさんの悲劇を本棚に登録しているひと

サザエさんの悲劇を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする