銃器使用マニュアル 愛蔵版

  • 55人登録
  • 3.52評価
    • (3)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • データハウス (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887187450

銃器使用マニュアル 愛蔵版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  銃を毛嫌いする人がいる一方で、銃に惹かれる人がいる。
     人が銃に惹かれる理由はなんだろうか。

     格好良さ? メカニズム? (射撃時の)爽快感? 殺傷力(破壊力)?

     では実際に、人に銃口を向けて、引き金を引いたらどのような現象が起きるのか。

     痛みで苦しむ? バッタリと倒れる? 破裂する?

     この本には映画やドラマや漫画やアニメだけではわからない、銃器と弾薬の基本から防弾衣の今昔、様々な方面からの研究によって明らかになった銃撃の実際、つまり「銃で撃たれること」の現実が大っぴらに掲載されている。
     特にその生々しさ・気持ち悪さからあまり公にされない「銃で撃たれること」に関する項目は、モノクロで荒い解像度とはいえ、実際に撃たれた人体の写真が多数掲載されているので、銃撃に馴染みのない日本人にはかなり衝撃的な内容だ。
     これを読んだ後は、映画やドラマや漫画やアニメの銃撃シーンで、どれが現実的な描写でどれが非現実的な描写なのか、なんとなくでもわかってしまうだろう。そしてそれは、銃に撃たれることの恐ろしさ、そして厭らしさを理解することでもある。
     ガンアクションに、銃器の所持に、そして発砲に興味がある人にはぜひ読んでほしい、現実を知らしめる実用書だ。

  • 銃弾が人体に与える影響は、非常に興味深かったですが、業界関係者以外には面白くないかも…。

  • どうも、著者の主観がかなり入っているため、「図解ハンドウェポン」の読後すぐに読むと引っ掛かりを覚える。が、コンセプトの違いなので気になるほどではない。使用される用語が「一般読者向け」という割にはわかりにくく、一般的な通例から離れたカタカナ語読みになっている。写真の画像が荒い。遺体写真(銃創写真)については不鮮明でありがたいが、銃器の細部については高解像度の写真のほうがいい。

  • 情報量が多くて良い。

  • この本についてのコメントは控えさせていただきます。ぜひ読んでみて、その理由を察してください。

  • 銃弾の威力等についてまとめられている。微グロ。

全6件中 1 - 6件を表示

銃器使用マニュアル 愛蔵版に関連する談話室の質問

銃器使用マニュアル 愛蔵版を本棚に登録しているひと

銃器使用マニュアル 愛蔵版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銃器使用マニュアル 愛蔵版はこんな本です

ツイートする