ドラッグの教科書

  • 45人登録
  • 3.35評価
    • (5)
    • (1)
    • (12)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
  • データハウス (2005年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887188365

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青山 正明
ズ-ムイン麻・ホ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドラッグの教科書の感想・レビュー・書評

  • 本著は様々なドラッグについての解説と漫画で構成されている。非常に読みやすく、ホリユウスケ氏の漫画がまた面白い。

  • ドラッグとはなにか。
    その背後にあるリスクを実体験をモトにしれる。ただし、ドラッグを肯定しているところ、入り口になってしまうような切り口には賛同できない。

  • ドラックの基礎知識がわかる。闇雲に肯定や否定せず、まずは傍観しようかなと。末期ガン患者はいかなる薬も効かない。モルヒネやステロイドにより痛みを緩和するのみだ。肉体的痛みと精神的痛みの違いを考えた。また薬は脳に刺激を与えて、脳内物質を分泌させることで、人間に普段とは異なる世界を見せる。また、もし宗教者が修行によって、これらの物質をコントロールできるのであれば、その人は何か違うものがみえているということは全然ありえるかもなぁなどとかんがえた。

  • お勉強をしました。

全4件中 1 - 4件を表示

ドラッグの教科書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラッグの教科書の作品紹介

"ジャンキー師匠"クボショウによる正しい知識が楽しく学べる前代未聞の教科書もっと自由にハッピーに生きるためのトラの巻。新世代のためのドラッグガイド。

ドラッグの教科書はこんな本です

ツイートする