人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)

  • 112人登録
  • 3.35評価
    • (5)
    • (10)
    • (21)
    • (2)
    • (2)
  • 12レビュー
  • データハウス (2006年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887188587

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
マルタン モネス...
ホミサイドラボ
有効な右矢印 無効な右矢印

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。

  • タイトルに反してすべてが他殺の話ではなかった。

    専門的な知識についてもう少し書いて欲しかった。
    やはり法医学の専門書を読んでみるしかないか。

    写真は白黒で不鮮明だし、記述もほぼ淡々としているのでグロさが強調されているわけではないので、読むのに怖がる必要はないと思う。ただし一切ダメな人には勧めない。

  • 丸善に無い 11/06

  • 是非とも「人殺し大百科」と共に読んで欲しい。
    これまた勉強になります。
    ただ、掲載されてる写真が「人殺し~」より加工された状態なので★一個減らしました。

  • 精神を病んでると思われるかもしれないので、あまり持ってる事を人に言えるタイプの本じゃないけど、非常に勉強になる。
    生と死について考えるといろんな知識が欲しくなる。哲学的な側面のほか、実態として死に至るまでの過程がよくわかった。遺体写真も白黒とは言え、掲載されてるのであまり誰にでもというわけにはいかないけども、読む価値はある一冊と思う。
    タイトルは「殺され方」だけど、実際は「死に方」(方法という意味じゃないです)の本。

  • 結論は序章で。後は死因へのプロセス、死後の状況。
    写真もあるし面白い。

  • 人の死因を説明。法医学的な本。
    ショッキングな写真、図解あり。

  • 写真があるのと無いのとでは、やっぱり全然違う(´ω`)

    リアル本棚所在。

  • 人の殺され方、というよりも
    たとえば、「銃殺」という項目ならば
    玉の違いや、距離等の条件の違いにより
    人体の各部はどのような形の損傷を受け
    それによりどのような症状が起きて死に至るのか。
    というようなことが、各殺害方法別に白黒資料と共に
    書かれている本。

  • とても勉強になりますよ、うん。

全12件中 1 - 10件を表示

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)に関連する談話室の質問

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)はこんな本です

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)のKindle版

人の殺され方―さまざまな死とその結果 (DATAHOUSE BOOK)の単行本

ツイートする