「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援

  • 10人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 水野敦之
  • エンパワメント研究所 (2011年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887206380

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援の感想・レビュー・書評

  • だいぶ前に読み終わっていましたがひさしぶりにまとめてレビューです!!
    だいぶ前に読み終わったと書いていますが、デスクの前に置いてたびたび開いています!まさに支援の教科書!!
    おすすめです(^^)

  • 本書には,CD-ROMが付属している。
    その中には,計画,アセスメント,記録といった書式のデータが入っており,その活用の仕方を解説する中で,自閉症支援と結びつけて説明している。

    構造化について詳しく書かれており,個別指導場面に特化した内容が中心となっている。
    自閉症支援にあたり,何を,どのようにすればよいか迷っている支援者にとって構造化の分析の視点や活用例が分かりやすく記載されているため,参考になると思われる。

全2件中 1 - 2件を表示

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援を本棚に登録しているひと

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援を本棚に「積読」で登録しているひと

「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援はこんな本です

ツイートする