図説 妖精百科事典

  • 18人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Anna Franklin  Helen Field  Paul Mason  井辻 朱美 
  • 東洋書林 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (717ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887216365

図説 妖精百科事典の感想・レビュー・書評

  • 13000円もしやがる。
    たっぷり800ページにわたって妖精とか精霊とか妖怪とか、不思議な存在や現象を解説網羅。
    ヨーロッパ系はしつっこいくらいに緻密にデータを集めているが、東洋、アフリカ、インドあたりは薄味で資料不足っぽい。
    ヨーロッパ、ケルトやゲルマンはもちろん、フランスやイタリアあたりの資料を狙うならおすすめかも。

    一時期、世界の神話伝承にハマったことがある。
    神話というのは、不確かな世界を系統立てて捉えるための地図のようなものだと思う。
    混沌(カオス)に対する秩序(コスモス)というか。
    地域や民族によって異なったり共通したりする事象があるのがおもしろいなーと思う。

    (国家とか)権力が、その世界観を意図的にゆがめて利用しようとするよね。
    権力者は地図が大好き。世界征服を企む悪の組織には世界地図と地球儀が標準装備でしょ。

    それらのモトの地図、古来から人々が受け継いでつくりあげてきた重厚な世界観を知っていると、ゆがめられた地図の矮小さに気づくのに敏感になる。
    不思議とか神秘を安っぽく顕わにした、「わかりやすい」世界ってのは怪しんだ方がいい。

  • 図書館で見つけた本

全4件中 1 - 4件を表示

図説 妖精百科事典の作品紹介

世界中のそこここに、あまねく「存在」しつづけてきた、妖精"精霊・妖怪・もののけ"のすべて。良い妖精、悪い妖精、約3000種+図版150点。

図説 妖精百科事典のハードカバー

図説 妖精百科事典のペーパーバック

ツイートする