ナチスの女たち―秘められた愛

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Anna Maria Sigmund  平島 直一郎  西上 潔 
  • 東洋書林 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887217614

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ナチスの女たち―秘められた愛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲーリングの前妻のお話が素敵だった。
    女性に関しては紳士的だった彼が、大胆にも略奪愛をしてまでカリンさんのことを求めたのがちょっと意外であり、そこが素敵でもありで…

  • (誤植が数箇所)

  • ひとりひとりを 取り上げるとこんなにも普通の人がと思いますよね

全4件中 1 - 4件を表示

ナチスの女たち―秘められた愛の作品紹介

圧倒的な権力を手にした独裁者の素顔はいかなるものだったのか。ナチス活動に積極的に関わった女性たち、あるいはヒトラーと親密だった女性たちを描写することで、"総統"の日常やナチスの女性観があぶりだされる。本書では、ゲッベルスやゲーリングなどナチ幹部の妻たち、自決の直前に結婚式を挙げたエーファ・ブラウン、さらに、ヒトラーの姪で謎の死をとげたゲリ・ラウバルらの伝記を収録。

ナチスの女たち―秘められた愛はこんな本です

ツイートする