芸術の蒐集

  • 74人登録
  • 3.86評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Umberto Eco  川野 美也子 
  • 東洋書林 (2011年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887217874

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
ミシェル・フーコ...
ウンベルト・エー...
三島 由紀夫
三浦 しをん
ウンベルト エー...
ミシェル・フーコ...
ヴィクトール・E...
ウィル バッキン...
有効な右矢印 無効な右矢印

芸術の蒐集の感想・レビュー・書評

  • 12/11 読了。
    リストのリスト。図版が綺麗。

  • 『美の歴史』『醜の歴史』に続く、エーコの芸術史第3巻。
    美と醜の枠を飛び越えて、蒐集の大海へと碩学が誘う。

    原題は”Vertigine della lista”、「目録の眩暈」もしくは「めくるめく羅列」というような意味であるらしい。
    「リスト」が本書のテーマである。書物にしろ、絵画にしろ、数多くのものを描いていても、結局は有限である。『神統記』や『イリアス』の時代から、人間は膨大なリストを以て世界の無限に挑んできた。数え切れないほどの人物たちが描かれた群像画もまた、額縁を超えて広がる宇宙を感じさせる。
    視覚的リスト、物のリスト、場所のリスト、脅威のリスト、驚異の部屋(ヴンダーカマー)などのテーマのもとに集められた美術作品や文学作品。
    これでもかというほど列挙される羅列の例の洪水には、眩暈を通り越して悪心をもよおすほどだ。この本自体が「リストのリスト」と呼べるものになっている。
    博物館やコレクターとも通じる、「網羅したい」という思い、あるいは欲望。圧倒の1冊である。


    *個人的には、ちょっと手に余った。自分はあんまり世界を把握したいって欲望がないんだな、きっと。リストというものにそれほどの興味を持てない。

    *三部作のうち、自分としては『醜の歴史』が一番おもしろかった。

    *第16章「一貫性のある過剰」の中に、エーコ自身の作の抜粋も採られている。前段に弁明があってちょっと微笑ましい。

    *前2作に比べて、テキスト引用部分が多いような気がする。基本的には本書の訳者さんが訳されたものらしい。リストが延々と続く、訳に苦労しそうな文章が山ほど。いやもうとにかくその労力に「お疲れさまです」と言いたい。

    *創世記の抜粋を呼んでいたら、筒井康隆の『バブリング創世記』を思い出してしまった。もう何年も前に読んだきりなのに。記憶って不思議。

全3件中 1 - 3件を表示

芸術の蒐集を本棚に「読みたい」で登録しているひと

芸術の蒐集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

芸術の蒐集の作品紹介

稀代の碩学ウンベルト・エーコがものする芸術史、待望の第3弾。『美の歴史』、『醜の歴史』に続く本作は、前2作の二項対立からより自由に飛躍し、あらゆる創作活動の蒐集・分類、すなわち世界のカタログ化に目を向けた、記号論者エーコの面目躍如たる一冊となった。ダンテ、ラブレー、ジョイス、そしてブリューゲル、ダリ…文芸・美術作品の中に潜む眩惑的なリストの大海原へと乗り出す、知の「列記嗜好者(リストマニア)」による熱狂の大航海。

ツイートする