小さきものたちの神

  • 66人登録
  • 3.53評価
    • (4)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (2)
  • 13レビュー
制作 : Arundhati Roy  工藤 惺文 
  • DHC (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887241244

小さきものたちの神の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全480頁程だが、はじめから350頁あたりまでは忍耐が必要だった。インド人でないとわからない(?)ような言い回しや固有名詞に何の訳注もなく、ややつらい。その後は、それまで様々にほのめかされていた事件の具体像がラストに向けてどんどん鮮明になっていく。ピントのぼけた、時系列が入り乱れた映像をずっと見せ続けられた後で、それらが一気に合焦していく感じ。はじめの忍耐があっての気持ちよさではある。描写は詩的で、テーマは重い。単館系の映画になりそう。

  • 「私にとって小説とは、…小さなものを大きなものへと結びつけていく仕事です」(ブッカー賞授賞式で)

    表紙は蓮なのだろうか、美しい植物の写真から思い描いていた抒情的イメージを、いい意味で裏切られた。著者は、そんな“一筋縄”な作家じゃない、と読了後に知った。

    登場人物は、幼い双子(女の子ラヘル/男の子エスタ)を中心に、その母アムー、母の兄、大叔母、祖母などの、ピクルス工場を経営する一族の物語。
    だが読むうちに、著者が“内なる自分”を、部分部分に切り分けて登場人物にうまく分配し、登場人物のそれぞれに自分自身を反映させることで、密度の濃い性格描写へ昇華させているように思えた。

    女の子ラヘルの無邪気な言動は、まさに著者の幼少体験の反映だろう。しかし、外に向けられ他人にもよく知られている著者の人格から造形されたラヘルと対をなすものとして著者の中に潜む男性性や内向的指向といった、内に籠る著者の別の人格からは男の子エスタを造形し、物語を多面化しようとしたのであれば、うまいというほかない。

    また、この本には、それぞれの登場人物の個人的な出来事を軸としながらも、一貫して「社会のルール」が影としてまとわりついている。
    例えば、女性の権利-この物語では、兄妹のうち兄が当然のように工場と遺産を全部相続する。だから娘が離婚して実家に帰ってくるなんて、顰蹙ものの許されない行為だ。また、不可触民は、仕事ができても、人望があっても、可触民と同等ではない。愛しあうことも。それらの社会のルールが、登場人物の意識にインクが染みるように所々に現れてくる。

    社会のルール=大きなものの神による一元的固定的な観念に日常的に苦悶を感じていたのか、著者は、その神の陰に隠され、閉じ込められ、虐げられた、小さきものたちの神という存在を、ラヘルの視点、エスタの視点、アムーの母として女としての視点、不可触民の青年の視点…と著者が産んださまざまな登場人物の眼によって、私たちに気付かせたかったのかもしれない。

    インドを色濃く映しながら普遍的な物語性をもたせるのは並大抵ではないが、自分の実体験を基礎としながらも、個人またはインド固有のテーマでは終わらず、自己を種にしながらも、それにインドの風土や社会慣習から巧みに文学的要素を抽出し織り交ぜ、枝や蔓草のように物語を広げ、普遍性とオリジナリティとを併せ持たせているところがインドを超えて英語圏を中心に読者が広がった理由だろう。

    最後に、この本がDHCから出されているのにはある意味驚いた。コンビニや通販での化粧品販売会社という印象しかなかったから。
    (2012/5/13)

  • インドカースト制度の外に、最も差別されている『不可触民』という存在があることを初めて知った。
    人格などなく、残忍な虐待を受けても、国家は彼らのためには動かないとのこと。

    外国文学独特の迂遠で比喩の多い表現や、インドの社会的背景の無知によって、少々難解に感じられたが、それでも読むのをあきらめることができなかった。

    物語はインド上流階級一家の没落を幼い男女の双子(7歳)の目を通して描かれている。
    物語の悲劇性、双子たちの無邪気さ、文体の美しさ、インドの猥雑な情景描写らが渾然一体となって、不思議に惹かれる作品。

  • 最終盤20ぺージで綴られる文章のうつくしさ、華やかさ、はかなさ。これを味わえただけでも読む価値があった。外文の翻訳だということを忘れて没頭できた。ラストに物語を美しく結晶させる、全体を通しての語りの技術もすばらしい。
    悲劇性の中核をになうカーストの描写は、ところどころショッキングであった。今後、インドの文学の紹介は増えていくと思われ、こうした闇について、多くの考え方に触れられる機会を得られれば、と願う。

  • もしあなたがマルタ•トラーバをご存知で、しかも彼女の小説をもっと読みたかったと思っている方なら、この小説はきっと気にいるんじゃないかな。

    アルンダティ•ロイ、インド南西部ケララ州生まれ、美女。本書はまずマラヤーラム語を鏤めた英語で書かれ、ついで工藤惺文によって日本語で書かれた。様々な種類の比喩が飛び交い、驚くべきイメージや意味の媾合が読む者をアエメナムの夜へと誘う。集闇性の習慣を持つ私達おバカ読者は闇の中で迷子になるのだけれど、その状況がどうにも楽しくって仕方がなくなってしまうのだから救いようがない。そういう感傷的な物語ですね。

  • インドの世界感を感じる

  • 読みたい。『本から引き出された本』より。

  • 読み終えた後、ただ、切なさがいっぱいに迫ってくる。
    「書くべきことがあるときにだけ、私は書く」
    という作者の思いが本当に胸に迫る。

  • 言葉がはじけ、音と光を紡ぐ。
    滅多に読むことのないインドの女性作家の小説。ブッカー賞受賞作品。舞台はインドのケララ州。カースト制度などインド独自の社会背景を舞台に、男女の双子の時間が揺れる。二人の視点を通して描かれるインドは厳しく、しかし美しい匂いがする。文章からインドの色彩、雨の香りが漂ってくる。そんな詩情あふれる文章が非常に印象的。

  • 97年のブッカー賞を受賞した作品なのだが・・・久々に読みにくいお話でした。生々しい描写、暗いユーモア、アクの強い(そして魅力ナシの)キャラクター達・・・でインド社会を独特の世界観で描いています。でもね、誰にも感情移入できない話っていうのは読むのがつらいです。

全13件中 1 - 10件を表示

アルンダティ・ロイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
三浦 しをん
マーセル・セロー
アゴタ クリスト...
ウンベルト エー...
又吉 直樹
村上 春樹
大岡 昇平
ミヒャエル・エン...
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

小さきものたちの神に関連する談話室の質問

小さきものたちの神に関連するまとめ

小さきものたちの神はこんな本です

小さきものたちの神を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さきものたちの神を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小さきものたちの神を本棚に「積読」で登録しているひと

小さきものたちの神の作品紹介

インド南西部のケララ州を舞台に描かれる家族の栄華と没落、確執と愛、そして伝統的なカースト制と闘いながら成長していく双子の兄妹エスタとラヘル。早熟なイギリス人のいとこの死を機に、「歴史の愛の掟」はその冷酷な鎌をふるい始める-大地に根ざした壮大なユーモアとみずみずしい感覚でインド社会の小宇宙を描き出し、読者の五感に深い余韻を残す詩的な感動作。

ツイートする