メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロール

  • 15人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 藤井 留美 
  • DHC (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887244689

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールの感想・レビュー・書評

  • 身体が感じる時間には5つの法則があるから始まる。私たちは時間を過去から現在そして未来へと直線的に捉える。それはユダヤ教やキリスト教の影響である。こうした直線的に時間を捉える民族より自然の移り変わりを反映した循環的な時間観をとる民族の方が歴史的にみても多い。物理学的には時間は、重力と空間により生み出されるもので流れるものではなくそこに静止した状態で現れているものに過ぎないなどと時間の捉え方の別の見方も指ししめしながら時間との上手な関わり方を指南してくれる著書である。

  • Excellent! Anybody who wants to get rid of one's psychological entropy should read this book. What is necessary is just to increase the sensory information to capture, in order not to be twisted by time but to lengthen time of life.

  • 楽しい時間があっという間に過ぎたり、居心地の悪い時間がなかなか進まなかったりと、体感時間の伸び縮みは誰もが体験しているもの。
    この本では、体感時間の法則を5つ示す。
    1. 年をとるほど時間がたつのが速くなる。
    2. 未知の環境や経験に触れると、時間の流れは遅くなる。
    3. 我を忘れると時間が加速する。
    4. 我を忘れていないときは時間が遅くなる。
    5. 自我が停止すると時間の流れは遅くなり、ときには完全に停止する。

    そして、次の2つの要素に整理する。
    1. 脳が処理する外部情報(雑念も含む)の量が多いと時間が遅くなる。
    2. 自我構造が弱くなると、時間の流れが遅くなる。

    つまり、外部情報の量や自我の状態をコントロールすることにより、体感時間を変えることができるという。意外な感じもするが、実際にはさっさと寝たり(外部情報を少なくする=時間が加速する(速く過ぎる))、集中して効率を上げたり(我を忘れて没頭する=時間が遅くなる)と、ごく常識的に活用しているものだ。

    楽しい時間はよりゆっくりと、苦痛な時間はより短く、時間をコントロールする方法として紹介されているのは、瞑想とマインドフルネス、いずれも今に集中するものだが、これに熟達すると時間に煩わされることが少なくなり、時間をコントロールしたいという欲求もなくなるという、これまでの検討をひっくり返すようなオチ。
    悟って時間を超越するよりも、世間の時間に苦楽したいという気分になった。
    12-82

  • よく言われている「年をとるとなぜ時間の流れが早く感じるのか」から発展させて、それをどのように活用し、豊かな人生を歩んでいくかとかそういうこと。

全5件中 1 - 5件を表示

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールを本棚に登録しているひと

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールを本棚に「読みたい」で登録しているひと

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールを本棚に「積読」で登録しているひと

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールの作品紹介

人生が10倍楽しくなるタイムマジック!退屈な時間は消して、楽しい時間だけを引きのばすそんな素敵な生き方、実践してみませんか。

メイキング・タイム 〜時間の流れをコントロールはこんな本です

ツイートする