氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)

  • 41人登録
  • 4.50評価
    • (6)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 杉浦志保
  • 冬水社 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887413931

氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 氷の魔物シリーズ。文庫版も出ています。
    氷の魔物と恐れられる魔物・ブラッドと、願いの叶う涙の宝石で生きている少年・イシュカの旅の物語。
    時に切なく、笑いどころも満載v
    何より人物の心理描写が細かくて、泣けます。
    イラストも繊細なので、綺麗系の絵が好きな方はおすすめします。

  • 再読日:2012年1月1日
    シースと対面。彼が密かにかなり好きです。
    神秘的な雰囲気が特に。
    ピーちゃんはシース領の子かと思いきや「偽物」。
    誰が創った子か気になりますが焦らずゆっくりと…。

    イシュカに忠告した時の「一度 血まみれにでもなるがいい」が印象的でした。

全2件中 1 - 2件を表示

杉浦志保の作品

氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)はこんな本です

氷の魔物の物語 14 (いち好き・コミックス)のペーパーバック

ツイートする