八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)

  • 291人登録
  • 3.68評価
    • (41)
    • (30)
    • (91)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : あべ美幸
  • 冬水社 (2005年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887416802

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)の感想・レビュー・書評

  • アニメをなんとなく観てて、マンガも買ってみました。
    アニメにはあまり惹かれなかったのだけど、マンガの方が力があって面白い!
    続きが楽しみo(*^▽^*)o。

  • 冬水社のいち*ラキコミックスから出たあべ美幸の八犬伝。
    原作に忠実とは言いがたいが、アレンジも良く、人気の高さが良く理解できる作品です。
    ただ、残念なことに連載途中で出版社の移籍騒動で未完となってしまったこと。
    現在はカドカワで引き続き連載を再開しています。
    完結までの期待か高まりますがBL系の雑誌への連載なのが気になるところですね。

  • [初出] 
    「八犬伝-東方八犬異聞-」 
    第一回 いち*ラキ8月号(2005/6/20) 
    第二回 いち*ラキ9月号(2005/7/20) 
    第三回 いち*ラキ10月号(2005/8/20) 
    act3.5 孝のひと 描下し(2005/10/20)

  • 待ちにまった、あべ先生の新刊です。

    1話目はいちラキで読んでいたのですが、やっぱりいい!
    南総里美八犬伝は実は最後まで読んだ事なく(途中で諦めること何度か)ほとんど話知らないので、このまま知らないままで、あべ先生の八犬伝を楽しもうかと思います。

    いつもですけど、話のテンポが好きです。
    飽きないんですよね、どのシーンを取っても。
    そして何より絵が大好き。
    信乃(男)が可愛くかっこよく腹黒くて大好きw
    宝と並んでどっちが小さい・・・お子様か解りませんが、やっぱり主人公はああでないと。
    その信乃ちゃんを手なずけてる荘介もス テ キ。

    ファンタジーと言えば、長髪美形とおっしゃられてましたが、挫けずに描いて欲しいでーす。
    私はあんまり長髪好きじゃないけど(笑)

    そして何気に好きなのが、教会のあのご老人。
    ふるふる震えてるし・・・!(笑)

  • あべ美幸さんが好きで読んでみた。とにかく絵がうまいです。話も勿論おもしろい。巻を増すごとにどんどん。

  • 萌えがいっぱい!・・・角川に移っちゃったのが少し残念です。

  • 設定がとてもしっかりしていてお話も面白いです。
    BLっぽいお話なので絡みとかは出てこないですがそこが好み。
    絵もとっても素敵。

  • やっと1巻買った〜

  • 八犬伝が好き過ぎて納得できないけども、
    普通に読めば普通に面白いww

  • 会社のAさんに借りた。絵が超かわいい!!私は浜路の顔と服装が大好きっす!^皿^あと細かいところまでつっこみ入れてる所がもうたまんない^V^

  • 現在1〜8巻まで発売中。
    絵の美しさもさることながら、魅力的な登場人物達が楽しませてくれます。
    シリアスでダークな本筋のなかには、爆笑せずにはいられない場面もちらほら。

  • 信乃の子どもらしい部分と、本来の年齢っぽい部分とのギャップが好き。
    でも一番可愛いのは現八さん(笑)
    あと蒼が可愛くなってきてもぎゃー!って感じ(笑)

  • 一巻だけ貸しっぱなしで、家にありません^^;

  • キャラクターはいいし絵も上手いんだけど、ストーリーがあんまり。「いちラキ」では杉浦志保さんの方が好きです。次点が戸川さん。

  • 南総里見八犬伝とは、全く違う話です(当たり前)。今際の時に、妖しを受け入れたひとたちが主人公。
    まだ話途中ですが、キャラそれぞれが個性的なのと、何かしらの枷を負っていることが、かなりストーリーに重みを出してるよーな感じ。しかし、一番のお気に入りが現八っつあんってーのが・・・。

  • 5年前に焼失した大塚村の生き残りである犬塚信乃と犬川荘介は、魔に通じる不思議な能力を持つ。ある日、2人の力に目をつけた教会本部から召喚状が届き!?古の八犬士が新世界で甦る!信乃の哀しい食生活を描いた描下しコミック『孝のひと』も収録。待望の第1巻!!

  • 八犬伝と言いながら、共通点は名前だけで、江戸時代が舞台なわけでもなく、教会とか出てきます。
    5年前の事件で年を取らなくなった主人公・信乃と幼馴染兼保護者の荘介、妹の浜路の「玉」を集める為の冒険物語。名刀・村雨がカラスだったりします。でも面白い。

  • 八犬伝好きなので買ってみた。
    思ったより面白かった。でも、原作とは違和感ありあり?
    おっきな犬好きにはたまらん。

  • 面白い!犬型荘がイチオシです!(笑)

  • これはもう、現八さんが好みすぎてちょっと大変です。話自体はこれから、という感じ。楽しみです!

  • 5年前に焼失した大塚村の生き残りである犬塚信乃と犬川荘介は、魔に通じる不思議な能力を持つ。ある日、2人の力に目をつけた教会本部から召喚状が届き!?古の八犬士が新世界で甦る!信乃の哀しい食生活を描いた描下しコミック『孝のひと』も収録。待望の第1巻!!

全26件中 1 - 25件を表示

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八犬伝-東方八犬異聞-(1) (冬水社・いち*ラキコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする