地球音楽ライブラリー 忌野清志郎

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (4)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • エフエム東京 (2006年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887451735

地球音楽ライブラリー 忌野清志郎の感想・レビュー・書評

  • 4月11日読了。RCサクセションからソロ、様々なバンドを率いてあるいは飛び入り参加での清志郎の音楽活動の足跡。フォーク歌手としてデビューしてグラマラスなメイクで世間を騒がせ、憧れたメンフィスのミュージシャンたちと組んでソウルフルなサウンドを聴かせる、清志郎という男は絶えず姿を変化させていたのだが、「きもちEことをやる」スタンスは一貫してぶれず、かつ常に時代をリードする存在だったのだなあ・・・。マスコミに毒を吐く変人というだけでなく、「パパの歌」など庶民に愛されるキャラクターを兼ね備えているあたりが、余人には真似のできない彼の個性か。本書は「夢助」発売後、清志郎が再起に向けて治療を続けている時期に書かれており、前書きや後書きにはその復活を待ち望む声が多数連ねられており。覚えず、あふれる熱い涙。

  • 追悼・清志郎
    06時点でのディスクガイド

全3件中 1 - 3件を表示

地球音楽ライブラリー 忌野清志郎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地球音楽ライブラリー 忌野清志郎を本棚に「積読」で登録しているひと

地球音楽ライブラリー 忌野清志郎の作品紹介

1970年のフォーク全盛時、RCサクセションのフロントマンとしてデビュー。ステージでの奇抜な衣装、過激な言動、社会を風刺した問題作などで、日本のロック・シーンを刺激し続ける忌野清志郎のディスク・ガイドの決定版。

地球音楽ライブラリー 忌野清志郎はこんな本です

ツイートする