すてきなひとりぼっち

  • 258人登録
  • 4.20評価
    • (43)
    • (32)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 谷川俊太郎
  • 童話屋 (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887470842

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すてきなひとりぼっちの感想・レビュー・書評

  • 教科書にもたくさんの作品が登場し、いくつもの詩が合唱曲としても使われている谷川俊太郎さん。
    童話屋さんが、千以上もの谷川さんの作品の中から50編選び、まとめたもの。
    表題作になっている一編のイメージだろうか、ブルーの装丁も美しい。

    季節感ゼロで、観念的で、詩としては理屈っぽくて、時として「どうして子どもたちはこの詩が好きなのかな?」と疑問を抱いたりする。
    だが、若いということはそういうことなのだ。自分もそうだったもの。
    暑さ寒さを感じるだけで、季節を愛でる気持ちなど毛頭なかった。
    自分の脳内の思考を完璧なもののように、大いなる勘違いをしていた。
    そして、それらを軽く凌駕するほど、谷川さんの詩は親しみやすく優しい。
    うんうん、そうだ、と膝を叩いたり、うわぁ、そうなんだよね、それを言いたかったんだよと頷いたり。
    「??これは何の比喩だろう?」などと考え込むことも皆無である。
    まるで自身の心の歩みのように感じられる詩を書くひととして、谷川さんはこれからも若い人の傍にい続けてくれることだろう。

    有名な「朝のリレー」も載っている。
    私はやはり「すてきなひとりぼっち」が好き。
    寝る前にひとつ、ふたつ、読んで、朝にひとつ読んで、そんな毎日。

  • 著者はもう
    言葉なんかを追いかけてはいないんだな、と感じた。

    生まれた時からすでにあった思いと、

    生まれる以前にあったであろう思い(出)を

    目で確認してみる為に。

    (あなたはどう?)と、
    他の誰かの意識との接触を試みたいが為に。

    そのコミュニケーションツールとして
    言葉を選ぶより他が無かっただけ。

    だからこそ、
    (詩)として形を成した著者の言葉は
    私達の心に深く染み入る。

    初めからあったものが
    元の場所に還っていくあの時の様に。


    >詩は言葉を超える事が出来ない。
     言葉を超える事が出来るのは人間だけ

  • 綺麗な言葉だけを集めても、綺麗な詩が出来るとは限らない。

    美味しいものばかり混ぜても格別な美味しさには届かないのと同じ。

    そこに入れるべきスパイスを、この人はよく知っていると思う。

  • 誰もいなくならないと思う
    死んだ祖父は僕の背中のつばさ

    朝のリレー

    ぼくもういかなきゃなんない

    だがほほえみのわけは
    たずねることができない

    じゃあね
    ひとりぼっちはこわいけど
    きみにはきみの明日がある

  • 谷川俊太郎さんの詩を読んでいると、いま、この瞬間の尊さ、生きることの素晴らしさに気付かされます。

    ”ぼくはぼく”に比べるとぐっと大人っぽく、私はどちらかと言えば”すてきなひとりぼっち”のほうが好きです。

  • たまたま手に取った詩集。イマイチ詩の楽しみ方が分からない。
    読んでいるとフワフワした気持ちになった。心の清涼剤のよう。生まれてきたことのありがたさ、死ぬことへのこころの整理の仕方、愛する者への気持ちなんてものが表現されている。
    人生を達観しているからこそ書けるものなのかな。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #谷川俊太郎
    #すてきなひとりぼっち
    #2016年110冊目

  • 2009.10 6-2
    2014.06 6-2

  • この詩を読むと、すっと心が落ち着きます。無意識のうちに声に出して読んでしまいます。手元に置いておきたい一冊。よるのやみにほろぶあおは/あさのひかりによみがえるあお。

  • 1日を優しく彩ってくれるような詩集。朝は新しい気持ちに、夜は穏やかな気持ちになれそう。

  • 何編か、遠い昔に暗誦した詩がありました。「谷川さんには代表作がない」なるほど。すてきです。

  • 何て素敵な詩集なんだろう。谷川俊太郎さんの言葉、本当に好きです。情景が目に浮かぶとはこのこと。

  • お気に入り

    ・すてきなひとりぼっち
    ・あお
    ・シャガールと木の葉
    ・願い
    ・泣いているきみ 少年9
    ・黄金の魚 1923

  • さようなら

    ぼくもういかなきゃなんない
    すぐいかなきゃなんない
    どこへいくのかわからないけど
    さくらなみきのしたをとおって
    おおどおりをしんごうでわたって
    いつもながめてるやまをめじるしに
    ひとりでいかなきゃなんない
    どうしてなのかしらないけど
    おかあさんごめんなさい
    おとうさんにやさしくしてあげて
    ぼくすききらいいわずになんでもたべる
    ほんもいまよりたくさんよむとおもう
    よるになったらほしをみる
    ひるはいろんなひととはなしをする
    そしてきっといちばんすきなものをみつける
    みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる
    だからとおくにいてもさびしくないよ
    ぼくもういかなきゃなんない

  • とおくにいるぼくが
    ちかくに感じるような
    ひとりぼっちということばが
    好きになりそうな
    あたたかい本。

    詩集「はるかな国からやってきた」の対になる詩集。
    こっちも読みたい。

  • 「いっしょにふるえて下さい
     私が熱でふるえているとき
     私の熱を数字に変えたりしないで」

    「願い」という詩のこの部分が、数年前に偶然読んだときからずっと頭に残っていて、ふとしたときに思い出して、そっと心の中で暗唱したりする。

    具合が悪いときに好きな人にしてほしいのは、どの薬を飲めば効くだとか、どこの病院の医者が良いだとか、そんなことではなくて、ただ心配そうな顔で寄り添っていてくれること。

  • 今朝一滴の水の透きとおった冷たさが/ぼくに人間とは何かを教える/魚たちと鳥たちとそして/ぼくを殺すかもしれぬけものとすら/その水をわかちあいたい

  • 谷川さんの作品は今まであんまり読んだことがなかったのですが、出会えてよかったなーと思う作品でした。
    千数百編のなかから選ばれた約50の作品ですが、どれも素敵です。
    いのちは幸せに生まれ、幸せに生き、やがて幸せに還るという宇宙の摂理の中で、人と出会い、恋をしたり、死に直面したり、将来の自分について考えてみたり。
    そういう世界の中でも、今を精いっぱい生きるということを教えてもらったような気がします。
    今までとはちょっと違う世界観が広がりました。
    まあ、あとがきの受け売りですが笑
    個人的には『朝のリレー』と『朝』と『あげます』の詩が好き。

  • 思い出しておくれ
    あの日のこと
    楽しかったあの日のこと
    けれどそれももう過ぎ去って
    じゃあね
    ひとりぼっちはこわいけど
    きみにはきみの明日がある

    年をとるのはこわいけど
    ぼくにはぼくの日々がある
    いつか夜明けの夢のはざまで
    また会うこともあるかもしれない
    じゃあね
    もうふり返らなくていいんだよ
    さよならよりもきっぱりと
    じゃあね、じゃあね……

  • 透きとおった詩が集まっていてお気に入り。
    装丁もすてきです 星空の透けている青空なのかな…。
    しかし谷川さんのわらべうたのセンスには脱帽しちゃいますね。色即是空!
    たからものになりそうな一冊です。

  • わたしの宝物。

    とあるイベントで、ご本人にサインをゴリ押しでいただきました。

  • 小洒落た言い回しを使わなくても、小難しい表現を使わなくても、伝わってくるものは伝わってくるんだなあって。
    THE・直球!って感じの詩の数々で、心を掴まされまくりました。男性的な詩だね。
    「ひとり」の『だからいまはただひとりにしておいて ほんのすこしだけしんでいたいの』って言葉が何だか頭の中に残って今でもぼんやりしてる。

  • 「すてきなひとりぼっち」の詩をノートの見返しに書き留めた。

  • じわじわと体に染みてくるような、谷川俊太郎の詩集。どれも良い。

  • 朝の唄とさよならの唄と。そして、ひとりの唄。

  • 「空に小鳥がいなくなった日」から 朝、じゃあね。
    「わらべうた」から けんかならこい、まんじゅう。
    等々、たくさんの中から選ばれた珠玉の詩。

全36件中 1 - 25件を表示

すてきなひとりぼっちに関連する談話室の質問

すてきなひとりぼっちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すてきなひとりぼっちを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする