はなたれこぞうさま

  • 115人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (4)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 川崎大治
制作 : 太田 大八 
  • 童話館出版 (2000年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887500150

はなたれこぞうさまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H29.9.15 おはなしの部屋(トワイライト)

  • おもしろい!太田大八さんの絵もとっても良いです✨

  • 2016.03 4-1

  • 2015/12/1 5-1

  • 人は、だんだん慢心になっていくのね、そして最後には、何にもなくなってしまうのね〜

  • 誰かに応援される人。または手助けしたくなる人になった方がいい。ただし応援してもらえたり手助けしてもらうことを当たり前だと思わないこと。そして欲張り過ぎてはいけないということを学べる作品。

    低学年児童の読み聞かせにどうぞ。

  • 2014/05/13 3-2

  • 2013.4.24 5-4
    2013.5.8 6-2
    2013.5.22 5-1

  • ある貧しい男が花を売って生計を立てていた。
    売れなかった花は帰りに乙姫様に届けと川へ投げ入れていた。
    ある日、1本も花が売れずこれでは米を買って帰ることが出来ないと困っていると、気が付けばいつもの川に来ていた。
    そこへ女の人が現れて言うことには、
    いつも乙姫様に花をありがとうございます。
    お礼に、鼻水を垂らしているけれど、願い事を叶える力を持つ子供を授けるけれど、この小僧には、えびの甘酢漬けを毎日与えるように、と。
    そこで、男は言われた通りにえびを与え、願い事をしてみると、米櫃から米が溢れ、奇麗な服に、大きなお屋敷、召使の男女が出てきた。
    そうして、男はいつしか花を売りに行くのをやめ、小僧にやるえびだけを釣るようになっていたが、そのうちえびを釣るのも嫌になってきた。
    そこで、小僧に、自分は十分裕福になったし、汚いお前がいると迷惑なので、出て行ってくれと言う。
    小僧は頷くと出て行った。
    しかし、小僧が門を出た途端、お屋敷も召使も全て飛んでいき、男はまた元の貧しい暮らしに戻ったのだった。

    昔話なのかな。

    小僧が素直に頷いて出て行くのが面白い。

  • はなたれこぞうさまは不思議な楽しい小僧さま。
    鼻をプーン!とかむと、願いがかなっちゃう。
    その面白おかしさに子どもたちも引き込まれました。
    プーン!のとき、思わずふきだしてしまいます!

全15件中 1 - 10件を表示

川崎大治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
A.トルストイ
サリー ウィット...
なかの ひろたか
ジャック ガント...
マーシャ=ブラウ...
有効な右矢印 無効な右矢印

はなたれこぞうさまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はなたれこぞうさまを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする