きんのたまごのほん

  • 236人登録
  • 3.97評価
    • (33)
    • (18)
    • (34)
    • (1)
    • (0)
  • 33レビュー
制作 : レナード ワイスガード  わたなべ しげお 
  • 童話館出版 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887500600

きんのたまごのほんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆まるでインペリアル・イースターエッグのような綺麗な絵本。
    お話が卵の形の中に描かれていて、読んでいる私も卵の中にいるような気持ちになり、ふんわりと暖かく読んでいてとても心地がよかった。揺りかごで揺られているような、お母さんのお腹の中にいるような感じ。

    たまごを見つけたひとりぼっちのうさぎさんと、たまごの中でひとりぼっちだったあひるさん。ふたりの出会いはとても素敵。もうひとりぼっちではない喜びと幸せ。
    寂しくなった時にまた読みたいな。

  • 一見、絵柄が古いかなと思いきや、不思議な魅力がある!

    各ページ毎に背景が異なり、さまざまな草花が描かれているのだけど、色使い・構成が素晴らしいと感じる。A4強サイズの絵本で、ゆったり見られるのも良い。

    手元に置いておき、自分が絵を描く際、開いて、参考にしたい。

  • ある日、ひとりぼっちの小さいうさぎが、たまごを見つけました。たまごの中からは、何か動いている音がきこえました。うさぎは想像します。中にはいったい何がいるのだろう?ページのまわりに色とりどりの草花が描かれた美しい絵本。
    (約7分)

  • 毎ページ綺麗なお花で彩られていて目の保養になりました(^-^)
    お話も可愛らしい内容です

  • 小さな茶色いうさぎはひとりぼっちだった。
    あるとき、金の卵を見つける。
    中には何が入っているかな。
    誰が出て来るのかなといろいろ想像する。
    中で動いている様子はあるけれど、卵はなかなか割れない。
    落としたり、石をぶつけてみるけれど、変化なし。
    途中で温かい卵を抱いたまま寝てしまう小さいうさぎ。
    すると、卵が割れて中からあひるが出てきた。
    ずっとひとりぼっちだったあひるがやっとうさぎと出会えたのにうさぎはなかなか起きない。
    乗っかったり、突いてみても動かない。
    転がしてやっと起きる。
    小さいうさぎは卵はどこへ行ったのか、あひるはどこからきたのか尋ねるけれど、あひるはそんなことどうでもいいじゃないと言う。
    とにかくこれで2匹はもうひとりぼっちではなくなったのだった。

    何が出て来るのか分かるまで楽しみ。
    表紙や裏表紙にもあひるの絵は描かれていないので読むまで分らない。

    あひるが自分がたまごから生まれたことをどうでもいい、と一蹴する場面が印象的だった。
    結論こそ全てという感じ。
    うさぎに話す日は来るのかな。

  • 絵が可愛くて手に取ったけれど、ストーリーにもう一声欲しかったかんじ。

  • かわいくて綺麗な絵だったけど、ストーリーにひねりがなく結末も浅い気がした。

  • もうもう!惚れてまうやろ~!な、愛らしい絵本。豪華で美しい表紙、うさぎさんの愛らしい仕草、ページごとに華やかに彩られた背景。青い卵がなんとも幻想的です。このまんまるいころころしたものは一体なに?と不思議そうにちょんちょんしたり、転がしてみたり、蹴りを入れてみたり。やがて卵から孵ってきたものは?一匹と一羽の芽生える友情がほのぼの温かく素敵なお話。それにしてもなんて愛らしいのでしょうか。もふもふ感がたまりませんわ。マーガレット・ワイズ・ブラウンとレナード・ワイスガードのコンビ本、他にもぜひとも読みたい。(2011年9月読了)

  • お花がいっぱい可愛い本
    春に読むのがいいかも

    「うさぎと、たまご」
    「あひると、うさぎ」の繰り返しが楽しい

  • とてもかわいらしい絵本。

全33件中 1 - 10件を表示

マーガレットワイズ・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
マーガレット・ワ...
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

きんのたまごのほんを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きんのたまごのほんを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きんのたまごのほんを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする