おりこうなビル

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : William Nicholson  つばきはら ななこ 
  • 童話館出版 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887501232

おりこうなビルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『かしこいビル』がかなりツボだった
    訳者と出版社とタイトルの異なるこちらの絵本も出ていることを知り、併せてこちらも図書館で借りた

    おばさんから家への招待の手紙をもらったメリーは、荷造りをして出掛けるのだけれど……

    『かしこいビル』と比べてみると、こちらには見返しに馬の絵があり色が濃く訳が親切だけれど、巻末の解説とあの地の文の色がない
    私は初めによんだ『かしこいビル』のほうが好きだ
    でも、こちらを先によんでいたら、こちらを好きになっていたと思う
    どちらもそれぞれ良いと思う

  • 中古購入

    ストーリーは現在でいうトイストーリー的な感じ
    文章が手書きで訳されていて
    昔の雰囲気がどこかでひっかかていて購入
    少し離れたところに同じ絵本で表紙の色が少し違うのがあり
    見比べてみたら翻訳している人が違う
    両方とも手書きで少し違う言い回しで…
    古本で108円と300円と安いので
    子どもと見比べたら面白いかな?
    →後日行ったら売り切れてました

  • メリーはビルをわすれたからビルははしっておいついたからよかった。

  • 3歳2ヶ月

全5件中 1 - 5件を表示

おりこうなビルの作品紹介

ある日メリーは、おばさんに呼ばれてお出かけすることになりました。そして、荷物を旅行かばんに詰め込むときに大切な兵隊さんの人形を忘れてしまい…。

ツイートする