こんにちはといってごらん (子どもの文学―緑の原っぱシリーズ)

  • 25人登録
  • 4.25評価
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : リリアン ホーバン  Marjorie Weinman Sharmat  Lillian Hoban  さがの やよい 
  • 童話館出版 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887501263

こんにちはといってごらん (子どもの文学―緑の原っぱシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お母さんの対応がとってもステキだったな。

  • ★★★★★
    とっても恥ずかしがりやのねずみの女の子バネッサ。
    お客様がきても物陰でもじもじ。

    学校でもお友達ができません。

    でもね、本当はものすごーくお友達が欲しいのです。
    (まっきー)

  • バネッサははずかしがりや。答えがわかっていても手をあげられないし、友だちなんて一人もいません。お母さんに「こんにちはっていってごらん」といわれてためしてみたけど、声が小さくてうまくいきません。つぎの日は、大声でいってみましたが…。
    友だちを作る時のドキドキ、友だちができた時の嬉しさがものすごくよくわかる!バネッサといっしょに幸せな気持ちで最後のページでにっこりしちゃいます。

全3件中 1 - 3件を表示

マージョリー・ワインマンシャーマットの作品一覧

マージョリー・ワインマンシャーマットの作品ランキング・新刊情報

こんにちはといってごらん (子どもの文学―緑の原っぱシリーズ)の作品紹介

恥ずかしがり屋のねずみの女の子バネッサには友だちがいません。そんなバネッサにお母さんは「こんにちは」ってだれかにいってごらんと…。

こんにちはといってごらん (子どもの文学―緑の原っぱシリーズ)はこんな本です

ツイートする