誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

  • 834人登録
  • 3.42評価
    • (33)
    • (80)
    • (144)
    • (20)
    • (4)
  • 84レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2000年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887591264

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ロンダ・バーン
スペンサー ジョ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
トニー・ブザン
アレックス・ロビ...
有効な右矢印 無効な右矢印

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則の感想・レビュー・書評

  • タイトルにはテーマの数は入っていませんが、○○するための○○個の法則、というタイプの書籍です。1つのテーマが見開き2ページに収まっているので、ページ数のわりには読みやすいかと思います。
    長いタイトルですが、秀逸です。原題は「This is your life, not a dress rehearsal」で、直訳は帯にも書かれている「これがあなたの人生だ、リハーサルではない」となります。自分には日本語訳本のタイトルのほうが、ずっとしっくり来ました。

    自分のことになりますが、成功するための行動が何も取れていない。成功の具体的なイメージができていないし、そもそも本当に成功したいのかどうか、自分でもわかっていない。そういう部分があります。
    変化を好まないとか、リスクをとりたくないとか、多くの本で書かれていることですが、自分の場合はそれ以前の問題ではないかと考えています。つまり口では成功したいといっていても、心の奥底では成功を拒んでいる自分があるのです。

    この本に書かれている一つ一つのことは、ほんとうに簡単です。実践するのもそんなに難しくはない。ですが自分を含め、ほとんどの人が行動に移せていません。
    「こうなりたい」という明確なイメージを作り、そのために準備をして、実行し、その結果を責任を持って受け入れる。結局はそれだけですから。

    少なくとも自分の場合、高々これだけのことができないのは、結果に対する責任を負いきれないと思っているからです。
    「成功した自分の姿」にしても、そこにたどり着くまでに多くの指摘や批判を受けるでしょうし、たどり着いた後も万人に高く評価されるわけはありません。そういった他人からの視線も含めて、あらゆる責任を負おうとすると、やっぱり逡巡してしまいます。
    そこで責任を負うのをためらわない人が、成功者になる資格を得るのだろうなと思いますが、そういう人はごく一握りしかいないのではないでしょうか。

    成功への道にどういった批判やねたみ、反対があって、それらをどのようにして受け入れていけばいいか。そういう視点から書かれた本があれば、いい本になると思います。
    いま、世の中にそんな書籍はあるのでしょうか。あったら誰か紹介してください。

  • 人は生きるために生まれる
    生きる準備をするために生まれるのではない


    先延ばしにしてたことを今すぐやろう

    自分自身を誰か大切な人のように扱ってみよう

    ものの見方を変える
    人間に残された最後の自由はどんな状況にあってもそのなかて、自分の態度を決めることだ

    自分を否定せずまず受け入れよう

    あなたには誉められる資格がある

    ネガティブな態度をやめる
    自分は状況を変えられると信じる

    絶対に失敗しないとわかっていたら何をしてみたいですか


    出来ると信じる
    自分を成功者と見なす


    すでに理想の自分になったつもりで振る舞う


    今こう変わると決めよう

    夢を見る
    とりあえず理性の声を無視して夢を実現する法則を考える

    未来に向き合うにはふたつある
    心配と期待だ

    ゴールに集中する
    ゴールは必ず達成出来ると信じる
    具体的に書く
    あとで変更してもいいからゴールを設定する
    ゴールを決めるだけで成功は確実だ

    ゴールは自分にとってどんな意味があるのか

    ストレスを感じたらゆっくりと深く呼吸しよう

    今日という日を最大限に生きる
    完璧に出来なくても気にしない失敗など存在しないと考える
    期待した成果と違っても失敗と考えるのは止めよう

    望んだ結果がデルまで行動する
    始めてみよう
    そうすれば恐怖は消える

    すべてうまくいくと信じる
    成功を信じよう
    成功するかどうかは信じる程度に比例する

    あきらめず怠けず真剣に取り組む
    逃げ道を残さず自分の力をすべて使おう

    得るもの失うものを書く
    結果に意識を向ける

    適切な行動を増やそうもっと大きな成果があるはずだ

    きちんと計画を立て実行しよう

    どうでもいい仕事や準備に時間を使わないこと

    ひとに任せる

  • どこから読んでもよし、気に入ったものだけ採用してもよし。

  • 誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 決定版 (ディスカヴァー携書)

    著者:ジム・ドノヴァン

    どの自己啓発本も同じだが、実行してこそ本当の効果を発揮する。
    しかし、無批判に信用してはいけない。
    実行し、テストし、疑問を持つ。

    自分の信念に反するような方法なら、無視してかまわない。
    自分にとって効果のある方法だけ選べばいい。


    本書冒頭にはこのように書かれている。


    盲目的に信じる必要はない。
    これだけで少し信用出来る。
    行動に移して良ければやっていけばいい。
    納得できなければやめればいい。

    これだけで気は楽になる。


    ただ絶対に守るべき事がある。



    それは絶対に成功すると信じてやるからには疑わず続けて欲しい。


    矛盾しているかもしれないが、信じて行動する事は必要である。


    「潜在意識」は現実と想像を区別が出来ない。
    「潜在意識」は過去形、未来形には反応せず、現在系に反応する。

    このように書かれた事、意識した事をそのまま解釈し脳は反応する。

    そうすると自然と目につくものに意識がいく。足が向く。
    行動が自然と目標、ゴールに向かって動き出す。

    だから明確に目標を設定、ゴールを設定し常に意識する事が大切。
    そうする事で必ず成功が出来る。


    これも当たり前の事で良く耳にする事だと思う。
    でもだからこそ真理なのだと思う。

    突拍子もない事をする必要はない。
    先人、偉人も成功する事を疑わず、常に夢をみて行動してきた。

    発明などもそこから始まる。

    電気、飛行機など全くない世界で誰が想像できたか?
    想像できたからこそ、実現できた。


    本書のタイトル通り「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則 」
    繰り返しその事が書かれているので私も学び実行をしていく。

  • 久しぶりに自己啓発本を読んだ気がする。

    かれこれ10年ほど前に発売された本のようで、自己啓発本としてはなかなか売れたらしい。

    僕が読んだ感想。

    とにかくわかりやすいし読みやすい!

    個人的にオススメしたいのは、胸を打つような言葉たち。

    この言葉たちがとても素晴らしいのだ!

    よし。

    明日から少しずつ変わっていこう。

    最後に一言だけ。

    これがあなたの人生だ。

    リハーサルではない。

  • 今や巷にあふれる自己啓発本の基礎となったものなのではないかな~とか思いながら読んだ。ワークショップに参加してるような感じで、サクサクと『次に進む』みたいな要領で読み進めれるのでよかった。しかしまあ・・・確かにこれらが出来れば、いいんだろうな~みたいなとこで本を閉じて、変わらずにいたらまあ、そんままですわなあ。全ての啓発本にいえることだけども。どれを、何を、どんな感じで『きっかけ』として立ち上がるかっていう、そこなんでしょね。と、まさにそんなようなことが書かれてる本でした。

  •  10章、74項目はどれをとっても意味深いとおもう。一読するだけの書物ではなく何度も読み返すことが必要な本である。いつも側に置いておきたい。説教臭くないのが好感がもてる。とても自然体な自己啓発本である。(不思議ないいまわし)様は力が抜けている感じなのである。

  • 成功哲学を10章74項にコンパクトにまとめてあり、読みやすい。一見、どれもシンプルでよく耳にするような項目だが、とても深い気がする。最近は良書の自己啓発本に出会っているためか、昔なら、「ふ~ん」と読み流すところでも、深い意義を見出せる感がある。

    同書も、本当に分かりやすい文章で要点をまとめているが、実経験に裏打ちされているだけあってか、説得力がある。

    当たり前のことを当たり前に実践することがどれほど難しいか、、、、。まさに真理。

    それにしても、同書でも、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」に言及している。自己啓発本の原点は全てナポレオン・ヒルに通じる、、、、恐るべし。

  • この本に書かれていることは、訳者自身が話すとおり、どこかで聞いたり読んだりした内容である。でも、二つの点で特徴がある。一つは、人生の最初はどん底の生活を経験したものの、現在はそれなりの生活をすることが出来たという著者自身の成功体験が語らせていることであり、もう一つは全ての人の人生はリハーサルではなく、まさに本番なのだ、ということを著者が気付かせてくれる点である。

  • ありきたりの成功哲学ですが、『ありきたり・・・』と感じたってことは、何も行動に移せていない自分を痛感!!
    初心に戻って、変わらなきゃ!!を再確認させてもらえました。

  • 目標をもつ、行動を起こす、など当たり前ですが正論です。 書いてることは、すごくシンプル。 

  • 実際にやることが大事だと改めて知らされた一冊。

    書いてあることは当たり前のことが多いが、
    やはり実際にやらないと何も変わらないという事は身に染みて感じた。

    やる気を出させるにはお勧めの一冊です。

  • 本当に当たり前のことが書いてある。
    例えば、朝早起きをしよう。
    そう思って実行できる人間が100人中、何人いるだろうか。

    つまり、そういうことである。

  • 本書の趣旨は、「夢とゴールを定め、自分の人生は自分で作ろう」ということである。キーワードとしては、始める、ものの見方を変える、自分を信じる、人生を自分で創る、ゴールを達成する、人生を楽しむ、恐れを克服する、困難を乗り越える、行動する、「成功の道具」を使う、である。私が印象に残った点は、人生は有限であるが故すぐに行動に移すことが重要であること(何もしないことと、やって失敗することとではステータス的な変化はない。むしろ、失敗することにより失敗という経験をすることができる。)と、おおげさに自分の目標に向かって歩を進めることが重要であるということである。

  • この本を読んだ後だと、すごくやる気が出ます。
    目標を書いたりしなければいけないので、すぐに読めてしまうわけでもないのですが(実際全て書き終えられていない)怠けがちな自分の尻を叩くにはちょうどよい本だと思いました。
    図書館で借りたので、今度は自分で買おうかな…と思っています。
    なぜか脳裏に「夢をかなえるゾウ」が浮かびます。あの一冊があればこれは必要ないのかもしれませんが…。悩みどころです。

  • この本を通じて、とにかく実行せよといいたい!

    参考書などを買っても、みなさん、買っただけで終わってしまって、やりきれないことが多いかとは思いますが、その時にどうやって実行するかということが、これに簡単に書いてあります。これを読めばあなたも、明日からすぐ実行できる?

  • 2011.5.16-22
    図書館

    ゴールを決める。
    計画を立てるなど基本的な感じ。
    迷ったり、行き詰まったりして落ち着きたい、そんなときにまた読んでみたい。

  • 著者は外国人だが、日本人が書いたビジネス書(啓蒙書)みたいな内容。
    ポジチィブシンキングしたい時に。

  • 自己啓発本の入門図書としては良いかも。読み漁っている人にとってはちょっと物足りない内容かもしれない。

    でもひとつひとつのテーマは短いので読みやすい。

  • 生活が上手くいっているときの自分の信条が詰まっていて、うまくいっていないときに読み返すと、最近これが出来ていない、と、自分にむち打てる一冊。

  • うん。面白かった。
    基本を思い出すのに良いね。
    文章も分かり易い。

  • 色々行き詰まってイライラしていた時に、書店の店頭で見かけて購入しました。
    まあ、この手のどの本でもいわれている事です。
    ただ著者が実際にどん底から這い上がったという点では、何よりも説得力があるかもしれません。
    実践してみようと思います。
    なので、購入した2/10から色々スタートです。
    まずは本を沢山読んでみようと思います。
    漫画も毛嫌わずに色々読まなくちゃ。

  • ☆きっかけ ずっと気になっていた本。09.5.5琴似TSUTAYAにてとうとう購入。
    ★感想 現実から逃げてはダメだとおもった。これが私の人生だ。リハーサルじゃない!得たことをすぐに始めることが大切。

  • 各章ごとにこういったことをやろうとか、
    こういった考えで行こうって前向きになるような
    言葉をいっぱい載せた本です。

    計画を立てる、優先順位をつけるといった
    当たり前のことが多かったですが、
    初心に戻るって意味でも良い本だと思いました。

  • アメリカの人気講演家ジム・ドノヴァンが、実践的でシンプルな夢の見方とかなえ方を74章に渡って紹介しています。
    内容はあえて細かく書きませんが一つだけ紹介します。
    ・31 人生を偶然にまかせない
    この章では、旅行と人生を比べています。
    だいたいの人は旅行に行く際、こと細かく調べスケジュールを立てると思います。
    自分自身、数ヶ月かけてスケジュールを考えます。旅行に行く前から架空旅行を何度もしています(笑)
    では、人生は。と考えると旅行程真剣にスケジュールを立てていない事に気づきます。
    この本では、旅行の計画にこれほどエネルギーを注ぎ込むのに、なぜ人生は偶然まかせにしてしまうのか?とアドバイスしています。ゴールを決めることが成功と幸せの鍵になると。
    他にも為になることが書かれています。まずは読んでみて下さい。
    久しぶりの★5つですね。

全84件中 1 - 25件を表示

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則のKindle版

ツイートする