気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)

  • 233人登録
  • 3.40評価
    • (14)
    • (21)
    • (71)
    • (3)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 加藤ゑみ子
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2001年12月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (105ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887591837

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)の感想・レビュー・書評

  • おとな。
    あたりまえのこと。
    分かるひとと分からないひとの差。
    空気を吸うように、当たり前にしていきたい。

  • 気品を身につけようと思って買いました笑
    少なくとも気品の反対語が小市民だとは思ってもみませんでした。気品は奥が深いです。
    ここまで言い切られるともはや著者に気品を感じないのですが、言ってることは結構ためになりました。
    全てをマネしようとは思わないけど
    参考にしようと思うポイントは結構あったかな

    とりあえず「ごきげんよう」から始めます

  • この手のものを「ハウツー」で手に入れようとすること自体、
    「気品があるかどうか」ということを考えると今一つ、という感も拭えないことも事実ですが・・・
    形が心を表すともいいますし、
    形から心がはぐくまれるということもありますので
    頭ごなしに否定するでもなく「自分だって素敵な人だと思われたい」という願望も受け止めて
    実践できるところから実践していこうという気持ちになりました。

  • 何かにつまづいた時、つらい状況になった時に必ず読み返す本です。

  • 「財力や権力、美貌はいずれ消えてしまうものです。
    唯一、消えることがないのが、気品というものです。」

    帯のフレーズにどきっ。
    身につけるべきはそういうものだと気づきました。

    同シリーズで読んだ中では、具体的なHow toが載っていて実践しやすそう。
    本書に載っている「天然の気品」にたどり着きたいものです。

  • 実践的な話も書いてあるけど、多くは気構えの話。
    気品について実践的な話を書くのは難しいですよね。
    読んでいると結構ぐっさりくる指摘があって、気をつけたいなと思いました。
    この本に書かれているすべてを実践していたらとても大変だけど、少しずつしていきたい。

  • 気品の・・・」なんてタイトルにある時点で、チープな印象になってしまうのは否めない。この手のタイトルはわかりやすいとはいえ、考え直してほしいと思います。
    後半の「気品が試されるとき」は良かったです。気品、エレガンス・・・皆同義語で精神性をかなり伴うものだと思う。でもマニュアルで身に付く、しぐさや姿勢などとともに必ず客観的な視線も必要なはず。独りよがりにならないことが大事だと思う。2011年12月3日。
    2014年6月25日再読

  • 111107by小池龍之介『煩悩リセット・・・』   興味本位と何かで利用と     Y.251~  大市豊吹摂
    ---
    財力や美貌は、いずれ消えてしまう。今求められている気品ある容姿、気品ある会話、気品ある精神とは、いったいなにか? ロングセラー『お嬢さまことば速修講座』に続く「お嬢さまシリーズ」第5弾は、すべてのベースとなる「気品ある人の考え方」がウィットとともに具体的にかつコンパクトにまとまった一冊です。

  • ジーニーさんの「助けてエンジェル」というブログの中でこちらの本を知りました。読み始めは、お嬢様対象のマナー本かと思いましたが読みすすめるうちに、作者の加藤さんの強いメッセージをひしひしと感じます。
    時にするどい刃物のようにズバッと言い切るところがだんだんはまる要素となって、加藤さんの別の本を読んで、時に鋭い刃をみせるかを確認したくなってくるぐらいです。
    今までのマナールール本と違って社会からみた気品、海外からみた気品、という見方もあるので、新鮮でした。
    何度も読んでみたくなる一冊です。

  • 加藤ゑみ子さんは、ご高齢のやんごとなきおかたではないかと思いきや、エレガントなキャリア・ウーマンなのには、ちょっとした驚きがありました。
    それはさておき。
    女性起業家たるもの、常に、気品と品格を持ち合わせていたいもの。
    ワンランク上を目指したい女性の教科書シリーズといえます。

  • お嬢様講座にはまってしまいました…。
    今回は「気品」について。
    困難が多いこの時代で、どこで気品について聞かれるかについて書かれていた。

  • 気品ある行動をとるには何をしたらいいのかが書かれています。1項目が短いので、読みやすいです。

  • お嬢様講座シリーズの+
    些細なことだけど、こんな風にできたらいいなと思うことが・・・。
    時々読み返して背筋を正したい

  • 気品を身につけようと思って買いました笑
    少なくとも気品の反対語が小市民だとは思ってもみませんでした。気品は奥が深いです。
    ここまで言い切られるともはや著者に気品を感じないのですが、言ってることは結構ためになりました。
    全てをマネしようとは思わないけど
    参考にしようと思うポイントは結構あったかな

    とりあえず「ごきげんよう」から始めます(ぇ

  • ささっと読めて、確実に効果の出る本。
    装丁も可愛らしくて、持っているだけで気品溢れそう。
    すごくお勧め!

  • とっさに出る仕草に気を配りたい。

  • 本屋さんでふらりと手に取った一冊。これ、鞄に入れてるんですけど少しの時間読むのにピッタリ。会社で「うまくいかないなー」とか「私イライラしてるな」と感じたら一節を読むようにしてます。他のシリーズも読んでみたい。

  • コレが出来たら苦労しない。でも荒んだ生活してる時にこれ読むと背筋が伸びる。…手放せません。目標。

  • 再読シリーズ。

    1度目に読んだときは、きっと私の精神年齢が幼すぎて理解しきれていなかったことが多々あるような。その当時は、形から入る気品というか、上っ面をなぞっただけの模倣に過ぎなかったのかなと思います。

    家に1冊置いておくと、何度も読めて良いです。読んだそのとき、そのときに応じて発見のある名著。「これ以上得たいと思えばさらに貧しくなってしまう」という文が、なんだか身につまされるようでした。

    成長するためには何かを得ることが(物質的だけではなくて)必要だとは思いますが、それが貧しさのスパイラルの一端になっていないか。を気にかける必要もあるのだろうなと思いました。

    本とは直接関係がありませんが、とあるところで、アナ・ウインターのインタビュー動画を見ました。女性的でありながら、とても潔い彼女の姿には、気品があったように思います。「これまでの噂の中で、一番信憑性が薄いものは?」と質問されて、微笑みながら「すべて本当のことよ」と言ってのける彼女。この本の中でも、何度も言葉を変えて出てくる、本質的なメッセージを体現しているひとだなと思いました。

    本が書かれたのは2002年ですが、だんだんと、著者が予想された通り、「持たない」生き方が増えてきているように思えます。物質的に持つことと、精神的に「持つ」ことであれば、精神の方が充足感が強いということに、ようやく人類全体が気付き始めているのかもしれません。

    また数年後、読むのが楽しみな本です。

  • 読んで思ったのは、自分には気品がないし、なくてもいいかな、ということだった。ただ、これはいいなというのもあったので、実践したい。
    2015/10/25

  • このシリーズ
    みっつめ
    かわいいよね

  • ■自分を卑下するのも、他人をうらやむのも、物事を何かと批判するのも、常に相手を勘ぐり怒りをもち続けるのも、すべて気品と対極にあるあり方です。
    ■ブランドに頼るのも、自分のセンスと品格に対する自信のなさの表れ。似合うものを見つけ出すには、普段着でセンスを磨き、日常生活のすべてを洗練させる努力が役に立つ。
    ■良いデザインのものしか使わない。一見ありきたりでありながら、どこか心惹かれるもの、少し小ぶりでムダのない形状のものを探すのが良いデザインのものを選ぶ秘訣。
    ■自分をよく見せようと、いうことに「こだわらない」
    ■自分の幸せに感謝している
    ■自分の都合を脇に置けば、相手の言動、自分の不幸な現況すれ客観的に見、物事の原則を理解することができる。
    ■相手の敵意を交わすには、穏やかな無視、つまり、あからさまにその人を避ける様子を見せるのではなく、にこやかに口を閉ざし、そのあとは、接近しないこと。

  • 氣品について知りたくて読書。

    女性向けに書かれた氣品とは何かを説明した本。

    私は氣品を品格と置き換えて読んでみた。

    後半の気品が試されるときが参考になる。

    氣品ある人は自己肯定力のバランスがよく、自分中心のご都合主義ではなく、相手優先の相手主義の考え方を持つ人。

    読書時間:約25分

  • 購入当初に一度読み終えていたのだけど、今日改めて読んでみて自分にとって当たり前になっているところも多いなと感じた。

全36件中 1 - 25件を表示

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)を本棚に「積読」で登録しているひと

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)はこんな本です

気品のルール (お嬢さま講座シリーズ特別編集)のKindle版

ツイートする