ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法

  • 231人登録
  • 3.51評価
    • (10)
    • (37)
    • (54)
    • (2)
    • (1)
  • 43レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2003年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887592889

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
酒井 順子
有効な右矢印 無効な右矢印

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法の感想・レビュー・書評

  • そろそろ新年の手帳を購入する時期なので、再読。改めていつも手帳を「プランナー」として活用できずに、申し訳ない気持ちになってしまった。「わたし時間」のために、もっとフル活用できるようになりたい。

  • 20代の、バリバリ仕事をしていた頃は、それなりに使いこなしていた手帳。
    結婚して、育児して、仕事して…
    することが増えてるのに、時間をうまく使いこなせない…
    手帳を使えばいいんだ!と今更目からウロコでした。
    なかなか著者のようにいきませんが、少しずつタイムマネジメントしていきたいです。

  • この人に会って人生が変わったとWHO医師・進藤奈邦子氏が言うので読んでみた。さらっと読める。

    手帳は自分の目標を達成するためのツールという。いろんなノウハウが書かれていて参考になった。例えば、手帳には、アポの時間だけではなく、出発する時間や乗る電車の時間も書く、とか。

    感化されて、佐々木氏が作った手帳を試している。(2013.4.12)

  • この時期になると、新しい手帳はどうしようか・・と物色するのだが、同時にこのようなタイトルの本が目に付く。忙しい人は時間の使い方が上手いというけど、手帳の使い方一つでそれが可能になるのだというのが、よく分かる本だった。参考になることも多かったので、来年の手帳で早速試して見ようと思う。一日の予定が縦に7つにわかれていて、時間ごとに区切られているもの。そして、土日も同じ幅があるもの。とりあえず試して見ようという気になった。

  • 自分の人生の主役は誰か?
    やりたいことが出来ない➡時間が主役。

    人生とはその人が生きてる期間が全て。

    『命あるものと命なきものの違い』
    分子、原子レベルでは構成する違いはあまり変わらない。
    自ら変化出来る状態か否なかにより、生きている状態か命なき状態か分かれる。
    変化こそが生命。

    時間を大切にする
    ・[時間]を見つめ認識し、自分の意識を、持って接すること。
    ・相手を、よく知ること。だから、見える化する。
    手にしている人生を組み立てる要素すべてを見える化し、具体的に把握する。

    仕事が出来る人=物事を終了させていくことができる人。(成果に結びつける能力がある人)


    悩んだり、悪口を言ったり、避難したりする人は時間の余裕がある人??

  • 毎年手帳はこだわって買ってるはずなのに、うまく使えない。
    手帳をつけることが、一仕事になる。
    でも、自分で自分の時間を予約する。
    夢に向かって具体的に何ができるか手帳に書いていくというのはとてもいいなと感じました。

  • 年初に「今年はスポーツジムに行く」と目標を立てる人がいる。でも行かない。。。「今年こそ週に1回はスポーツジムに行く」と目標を立てる。。でもいかない。それは具体的なようで具体的ではないからだ。だからスケジュール帳に書きましょうという話。週に1回なら何曜日か?何時か?どこか?そこまで具体的にならないとやらないことの方が多いですね。

    仕事での誰と会うとか会議などの予定を書くだけでなく、自分との約束を書くことの重要性を感じた本でした。

    あと、「先約優先(p113)」の考え方もいいなと思いました。

  • 勝間和代さんの推薦書だったと思うのですが…正確には覚えていません。。
    あまり新たな発見はなかったことと、いまやデジタル派(私は手帳派)もいるので、真新しさも特になかった。

    スケジュール帳とはあまり関係がない(?)箇所でしっくりきた一文がありました。「生きていない者と生きている者の違いは何か?両方とも原子レベルでは同じ者だが、生きているほうは変化する(できる)。変化こそが生きている証。」
    今まで「変化」は生きることであるというような文に出会ったことはあったが、この文は分かりやすくしっくりきた。
    ・予定や仕事も何分でするか常に考えて、"なんとなく忙しい"から脱出する。(30分刻みで考える)
    ・1人でたてたスケジュールで問題ないか関係者に確認(急な出張で承認者が不在でおくれることなどを避ける)

  • こんなにも実践的で具体的な手帳術を読んだのは初めて。
    基本的な理念としては、自分の時間に対する主体性を確保することで自分の人生の演出家となり脚本家となり主人公になっちゃおう、ってなカンジ。
    そう考えてみると他人と会う時間だけ書いてあるスカスカの手帳なんてありえないわけである。だってそれ以外の時間も自分は生きているのだから。そういったコントロールできていない時間に対して、仕事だの家庭だの夢だのを、空いてる時間にやればいいやってんじゃなく、具体的な日時に落としこみ手帳に書き込んでいくことで、自分の24時間に、ひいては自分の人生に対して、主体性を確保し、自分の人生の舵取りができるようになりましょうっつー話。
    そしてその理念だけでは終わらず、実現するための様々なテクニックも書いてある。小手先の空理空論ではなく、実践し、工夫してきた結果身につけたテクニックが。
    そういった意味で実践的で具体的、そして非常に合理的な本。

  • 来年の手帳を購入するのに参考に読んでみた。やっぱり縦の時間軸が使いやすそう。予定の始まりと終わりの時間を記載するのは有効活用させたい。

  • 今、女性の社会組織での活躍について考えていた時に、ミリオネーゼシリーズを読もうと決めました。

    まずは手帳術からと思い読みました。
    3つ印象に残りました。

    ?スケジュール管理というより、プランナーツールとして手帳を考える

    ?出来事管理より、人生の夢をデザインする

    ?具体的なハウツーが多めで、よしやってみようと思える


    七つの習慣を落とし込んだフランクリンプランナーを現在使用している私ですが、この本は具体的な現場レベル(特に仕事)での使い方に特化していて参考になりました。

    自分の役割や環境が変わった時に読み返し、随時自分の価値観を活かした仕事をするために、こういうハウツーを見直していきたいですね。

  • とてもシンプルで簡単な手帳活用術。とりあえず手帳を新調したので、続かなかったら。。とかここはちょっと自分には合わない。。とか考えず、とにかく本に書かれていることを実行してみようと思える内容でした。

  • ブックオフで。
    別にミリオネーゼになりたいわけでも、起業したいわけでもなし、内容もすごく新しいわけでもない。立ち読みで十分なのにうっかり購入してしまったのは、1つは、手帳の使い方にものすごく共感できたから。
    もちろん、佐々木さんの仕事とは量も質もちがうけど、いちいち頭で記憶しないために手帳に書くというのは私の異常なほどの記憶力のなさをカバーするにはとても重要なことなのです。
    すぐに自分が何をしたらよいかわからなくなる私にとって、タスクを書くこともとても大切。
    もう1つは、時間軸の使い方。これは今まで適当だったんだけど、実際今の手帳に時間軸に沿って準備時間や終了時間も書いてみると、いかに時間感覚がないかが歴然に!
    普通の人はたいてい頭のなかでできることなんだろうけど、何かが欠けてて時間の概念があやふやな私にはとても訓練になりそう。
    後はルールを徹底して守れればよいのだけど。

  • 手帳の使い方はいろんな方法があるので、先人の方々の使い方を取り入れていろいろ変えてます。

  • この人が広めた「アクションプランナー」
    という手帳に興味があったので、
    ネットの古本屋で購入。

    つい行き当たりばったりに生活してしまう
    自分の日常を見直す上で、
    この本は良い刺激剤となった。

    肝心の手帳は、迷いに迷って今年は
    「アクションプランナー」ではなく、
    ハンズオリジナルの
    バーティカルタイプのものを買うことにした。

    理由はただ一つ。
    これを読んだらすぐ
    新しい手帳を使いたくなってしまったのだ。
    (買った手帳は11月始まりだったのだ)

    手帳を変えて、意識も少し変えて、
    前よりは、場当たり的でない
    生活ができているような気がする。
    (気がするだけかも)

  • さくっと1日あれば絶対読める本。
    とてもわかりやすい。

    この頃イマイチ手帳をうまく使いこなせてないなーと思っていたので
    タイムリーだった。

    読後猛烈に手帳やPC内の整理がしたくなって、家に帰り娘の就寝後
    さっくり取り組むことができた。

  • 読むのはもう3回目。手帳を買ったので確認のために再読。

  • ほとんどもうやってることだったので、新しい発見はあまりなし。でも知らない人には良いと思います!
    【2008.1.16, mum's】

  • 時間管理についての考え方が変わった本。「自分に合った時間管理術は?」と考えるきっかけになり、そのベースとなりました。

  • そんなに目新しいことが書いてあるとは思えない。

    「やりたいことは全てスケジュール帳に書き込もう」「いつでもできることも必ず書き込もう」という考えには大きく頷いた。

    確かに,「いつでもできる」から「いつもやらない」のである。

  • 「与えられた目の前の仕事を好きになる」<BR>
    「先輩から黙ってすべてを学ぶ」<BR>
    「仕事の中で面白いことを発見する」<BR>
    「ワクワクするようなビジョンを持つ」<BR><BR>

    参考にしたいことが、たくさん。<BR>
    私も30分刻みのスケジュール帳がほしくなってしまった。

  • こういうハウツー物は、いかに自分にあった方法を見つけるかだと思う。そしてそれを実行すること。続けること。でも、それがいちばん難しいだよねぇ。みんなできたら、みんな億万長者だよ。

  • 2006/12/6
    これを読んで、「バーチカルタイプ」の手帳にしようと思いました。説得力あります。装丁とタイトルははっきり言って品がない…。

  • 今の手帳の形式の参考になった本☆

全43件中 1 - 25件を表示

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法を本棚に「積読」で登録しているひと

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法はこんな本です

ツイートする