コーチングのプロが使っている質問力ノート

  • 143人登録
  • 3.19評価
    • (4)
    • (9)
    • (34)
    • (3)
    • (2)
  • 15レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2004年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887592940

コーチングのプロが使っている質問力ノートの感想・レビュー・書評

  • 質問が大事なんだというのがわかってきてでもどうしようってなったときたまたま見つけた

  • この質問が人を動かす!ビジネスの現場で成果を出す質問の極意


    第1章 よい質問が人に行動を起こさせる
    ● 質問によって部下のモチベーションを上げる
    ● 質問によって部下に自分で解決策を考えさせる
    ● 質問によって問題を解決する
    ● 質問の形を使い分ける
    ● 第1章のドリル

    第2章 会話に必要なのは「よい話し方」ではなく「よい聞き方」だ
    ● 会話に流れをつくろう
    ● 質問するときに必要な三つの態度
    ● なぜ人の話を聞けないのか?
    ● 悪い聞き方とは?
    ● よい聞き方はどうすればできるか?
    ● 第2章のドリル

    第3章 よい質問は5W1Hを使ってつくる

    第4章 質問することで説得できる

    第5章 質問することで自分の意見を主張できる

    第6章 質問することで自分の意見を主張できる

  • 会社の中で行われる「コーチング」に関する研修にて推薦図書として挙げられていた一冊。

    表紙にも書いてあるが「Ask The Right Question」が原題で、それじたいは1997年頃のもの。今ではコーチングに関する本が沢山出ている中で、当時は先駆けのようなものだったそうだ。そのため、この本自体はとてもシンプルで分かりやすく作られている。出来るだけ色んな人に伝わるように、そして難しい解釈をしないように作られているのだと思う。

    全部で5章からなるこの本は、会社の中で行われるような具体的なやり取りを例として扱う。そのため分かりやすく、自身の仕事内容でもイメージがしやすいだろう。しかし、例をただ沢山並べているというよりも、その例の数は極めて少ない。しかし、振り返るように質問の内容を確認させてくれるので見やすいし、覚えることも沢山ある印象を感じさせない。

    大事なことは基本軸になる「傾聴」「5W1H」「説得や主張につながる」という方針の部分であり、何より大事にするべきは練習を積むことだ。それらを無駄無く、シンプルに伝えてくれる。

    一冊が薄くて読むのに手軽であるが、これだけでも十分と言えるくらいの良書である。もし細かい質問の事例を知りたいとすると物足りないかもしれない。

  • 質問は相手の思いを引きだすためだけでなく、こちらの気持ちも伝えることができるということを、改めて実感。
    質問しながら、相手に気づきを与え、さらに、説得できるのです。相手を不快にさせず、信頼関係を築きながら、結果自分の意見を主張できる。賛同を得る。
    良い質問を意識することは、相手の世界を理解し興味を持つということにほかなりません。そして、自分自身へもしっかりフォーカスして、どこへ向かい、どうなりたいのかを明確にしながら、質問を選ぶということが重要ですね。深~い・・・

  • とても実践的、でもノウハウよりも、その会話における質問の意図や考え方について、多くの気づきを得られました☆

    【A書評】
    質問に意図を持たせて、会話の着地を「へー」にしない

    相手を尊重している事がちゃんと伝わる会話を作る

    質問も実践して練習する
    →人にたくさん会う

  • ●自尊心が欠けているとやたら攻撃的になったり
    逆に卑屈になったりします。

    よい質問とはどんなものか、
    また、よい質問によって職場におけるコミュニケーションの中で
    可能になることを紹介した本です。

    自分の意見や要望を伝えていくのはとても難しいことです。

    自分に対して自信がないと
    自分の権利だけを主張し攻撃的になってしまったり・・・。

    会話、ディスカッションは勝ち負けではなく
    相手に対して敬意を持ち、新たなアイディアを見つけ
    信頼関係を築くものになればよいなと思う
    今日このごろです。

  • 例が多く「確かに!」と思うところは多かった。具体的な質問方法については書かれていない。

  • そんなに深いことは書いてない分、
    一瞬で読み干せるとこがいい。

  • 相手に気づきを与えるための会話の仕方を学べた。コーチングには相手だけでなく自分をも尊重する姿勢が重要であることは新たな発見だった。

  • 質問力は大切。
    質問の仕方一つで人に与える印象は大きく違う。
    人を前向きにさせてくれる質問の
    作り方を事例をもとに学べる。

    自分の普段の話し方にどう応用ができるか、
    考えることができた。

  • 出版当時はわかりませんが、今となっては読むに値しないと思います。
    訳も直訳とまでは言いませんが、もっと違う表現があったと思います。

  • 相手に気づきを与えたり、考えさせたり、確認させたり。
    質問の方法の使い方は、よく理解できた。
    理由を尋ねるのに「なぜ」という表現を避けるころで、批判的な受け止められ方にならないなど、気配りを自然に使えるよう意識してみたい。
    08-56

  • coo
    まだ読んでいません。

全15件中 1 - 15件を表示

コーチングのプロが使っている質問力ノートを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コーチングのプロが使っている質問力ノートを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーチングのプロが使っている質問力ノートを本棚に「積読」で登録しているひと

コーチングのプロが使っている質問力ノートはこんな本です

ツイートする