強育論-The art of teaching without teaching-

  • 209人登録
  • 3.60評価
    • (18)
    • (26)
    • (38)
    • (8)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 宮本哲也
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2004年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887593022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

強育論-The art of teaching without teaching-の感想・レビュー・書評

  • ここで書かれていることは的外れではない。が、授業を見たことがないので指導者としてどうなのか、言行一致か否かは何ともいえない。もっとも「ツカレ親」にならないために本書を紐解くのは意味があるかもしれない。

  • 著者は宮本算数教室を設立して算数を教えている方。算数は手順暗記型学習ではなく試行錯誤型学習であることに非常に同意。算数はと考える学問なのに、テストの点数を取るために解法の暗記になっている。今の社会に多い他人に依存しがち人たちになる一因かもしれない。

  • 放っておけば、成績が上がる!?そんな馬鹿な!ってたまたまそういう潜在意識が高い子だけが伸びるんでしょ(汗)。しかし、宮本さんの塾の進学率は凄まじい値。いや、金持ちのボンボンだけが生徒でのはず(必死)。にわかに信じ難いですが、しかも、入塾の条件は試験なしの先着順。嘘だろ‥負けた。ただただ凄いの一言に尽きます。貴方は只者ではないはずがない(反語)。是非ご指南の方をお願いしたいです。とりあえず、塾の電話番号と住所載せてくれませんか(切実)

  • 脳天気な専業主婦を斬る直舌が痛快。
    そもそも子供は学習に対してやる気があるものなので放置、追い風(いやならやめろ、質問するな)で転ばせる。子供は自らの力で立ち上がる。自分で頭を使って考えさせる。手順暗記ではなく試行錯誤型の学習法で。

  • 中学受験の指導をしていたときに読むべきだったなと後悔

    自分の経験からも、親が受験に必死になっていればいるほど結果がでないことが多かったと感じる
    特に自身が大学受験を経験していない母親にありがち
    優秀な子供たちは教師が手を差しのべる隙もなくどんどん成長していく。こちらがおいていかれないように必死になる。逆に伸び悩む子は教師に引っ張ってもらわないと前に進めない。

    知的好奇心、学習意欲は本能
    全員がそうなのかはわからない、でも向き不向きということなんだと思う。親にできるのは潰さないことだけ、伸びる子は勝手に伸びる

  • 「宮本算数教室」の宮本先生の本です。
    なかなか強烈!痛烈!
    でも、友達のような親と子、教師と生徒の関係には私もとても違和感を感じているので共感できる部分はあります。

    大切なことは、目の前の問題(勉強に限らず)を考えぬく堪え性を育むこと。
    真面目さ、謙虚さを心根に据える精神鍛錬が家庭環境に問われる。
    親になったと同時にこの大きな課題を手渡されたと感じています。
    親にとってもまた子育ては精神修行の日々であります。

  • 考える力をつけさせることがポイント

  • •子供は、いつかは社会にかえす預かり物
    •暗記型学習法と思考錯誤型学習法の違い
    •子供と算数ははじめは相性が良くいい関係、それを壊さないようにしよう

  • 自立させ余計な事はしない

    問題をじっくり考えさせる

    なんていうかかなり納得してしまいました
    過保護は人を駄目にする、余計な口出しをせずに
    効率を追い求めずに、自由にやらせてみる
    子供に限らず人を育てたい時の本質をついているんじゃないかなと。
    もちろん自分を成長させるためにも!!

    参考になりましたしおもしろかったです。

  • 教育というと、まるで学校の中の先生と生徒という関係のみを考えがちだが、教育の始まりは家庭教育である。
    そういった意味で、著書は「教育者」と呼ばれている立場の人だけでなく、これから親になる、あるいはすでに親である人にも参考になる本であると思う。

    教育は生きるために命がけのこと、故に「ゆとり教育」のように「ゆとり」と「教育」が結びつくものではないという指摘は僕自身の考えと全く同じだった。

    本書の中で気に入ったフレーズが一つあるのでそれだけ紹介したい。

    努力のご褒美は結果ではなく、成長であると考えれば、失敗を恐れる必要はなくなる。

  • 今まで読んだ中でなかなかの衝撃を受けた本

    教育者を目指す人にはぜひ読んでほしい

  • 子供に中学受験とかを考えている人には参考になるかもしれないが、自分とは価値観の違う本。
    ただ、難しい問題を解けなくても取り組む子供は伸びるという集中力の大事さは納得。

  • 宮本算数教室の算数講師の本。
    算数というより親のかかわり方について一言言いたかった模様。
    一言で言うと、親は口出し、手出しするな!ってことみたい。
    自立しようとする子供を引き止めてはいけない・・・確かに。

  • 強烈なタイトルで中古書店で目についたんで読んでみたけど、当たりでした。
    現在多くの学校で行われている面倒見を重視する教育とは対極をなす方法だが、子どもが伸びるのは間違いなくこちらだと思う。賛否は置いておいて、教育者や中学受験を子どもにさせようとしている親や子育てに悩んでる人は一度読んどいたほうがいい

  • 教育とは生きる術を身につけさせること
    全ての生き物には学習するという本能がある
    苦労しただけ成長する(強くなる):苦労しないと成長しない(強くならない)

    ------------------------------------------------------------
    ■教育とは生きる術を身につけさせること
    ・学習の前に生命力を奪ってはいけない
    ?健やかに生きるための3要素「食事」「睡眠」「運動」を削ってまでやることではない
    ・学力はよりよく生きていくために必要なこと
    ?自分に合った生き方を模索し、その分野でひたすら能力を磨いていくべき

    ■全ての生き物には学習するという本能がある
    ・学習は食事と一緒の本能なので、学習を食事と一緒のように楽しむべき
    ・好きなことを精一杯すればよい:楽しいことは努力していると感じていない、楽しくないことは努力していると勘違い
    ・謙虚であるということは自分の弱点や欠点を素直に認め受け入れるということ
    ・成長が妨げられるとストレスがたまる:一方、成長を妨げているのはほかならぬ自分
    ・問題に興味がわかない人は放置
    ?手を差し伸ばしても「相手の成長機会」をつぶすだけ
    ?手を差し伸ばしても一回きりの甘やかしとなる:次回以降は成長できない
    ?最終的には、成長できないままで終わってしまう
    ?本来の目的「生きる術の学習」は身につかない

    ■苦労しただけ成長する(強くなる)
    ・向かい風が成長させる
    ?動力を持たない飛行物体は向かい風に乗って飛ぶ
    ?追い風(小言)は生命力を奪う
    ?困っている人苦しんでいる人を助けられる人は自らも困難な局面に直面し、それを乗り越えたことがある人だけ。
    ?自分自身を厳しく律することのできない人間に他人を思いやることなんてできない
    ・聞くは一生の損
    ?頭の中を疑問符で埋める。そして、それが解けたとき喜びを感じ、学力も向上する。
    ・納得のいかない「結論」で疑問を解決させない
    ?だが前には進む。わからないまま行動する。
    ?何か一つのことをなし飛べるのにもっとも必要な資質は堪え性


    ------------------------------------------------------------
    【自信】
    ・問題に興味を持つ
    ・ひたすら考える
    ・解けても解けなくても学力は身につく
    ・自信がつく

    【向かい風を送る:ケアレスミスをなくす】
    ・問題一問解けると1点
    ・テストで10点取れると1点
    ・250点で1階級アップ
    ・これらを6年生の後半まで行う
    ・6年の後半からはテスト1問間違えるとマイナス100点
    「入試でつぶれるやつは今日ここでつぶしてやる」→相当なプレッシャー

  • 私の子育て指南の本です!

  • スーパー塾講師である著者の実践している学習方法や間違いだらけの子育てなどが、独特の強い口調で語られている本。

    自らを冷血教師と言っているほどで、その放置プレイの徹底ぶりには驚かされる。突き刺さるような表現で、しかも自信たっぷりで言われると、正直時々戸惑うというか反論したくはなるが、説得力のあることが多いのも事実である。単なる手順暗記ではなく、このようにきちんと試行錯誤学習ができる子供が合格できる中学受験ならば、なるほど親が一生懸命になる気もわからなくはない。大半の親は受験に合格することのために必死に子供に勉強させているのかも知れないが…

    小学生の子を持つ親は一読の価値があるが、そうでない人も十分に自分を見直すきっかけになる本だと思う。個人的には、吐き捨てる感じの言い回しがどうも気になるのだが…

    多くの失敗や挫折を重ね、そこから多くのことを学びとらなければ成功にたどり着きません。そして成功にたどり着いたら、それはそこで終わりです。つまり、失敗や挫折からは多くの教訓や課題が得られますが、成功から得られるものは結果だけなのです。

    だから、努力のご褒美は結果ではなく、成長であると考えれば、失敗を恐れる必要などまったくないのです。

  • 高校生の時に買った本です。「生きる力としての学力を身につければ、そのささやかな副産物として、入試の合格が得られる」という独自の考えに基づき算数教室を立ち上げた宮本哲也が、自身の教育論を「強育論」として主張しています。中学受験という一部のターゲットに対する意見ですが、参考になる部分もちらほら。無試験先着順の教室でありながら多くの難関中学へ合格者を輩出している実績は素晴らしいですが、いささか論が画一的ということもあり、広く浸透させていくことは難しそう。

  • なんてゆーか、わかります、言ってること。すごく大事、だけど、僕は使いこなせません。でも、それでいいと思う。教育はそれぞれだから。大変参考になることが多かったですよ☆

  • 私中対策の塾を経営する方の書いた教育本。<br>
    言ってることはわかるけど、言葉がとても強い。<br>
    仕事の関係で、どんな教育がいいのだろうと思って読んだとき、参考になりました。<br>
    勉強っていうのは、教えてもらうものではなく、自分で学習するもんだ。

  • まずは一発「ガツーン」と頭を殴られた感じ。 「アホ」とか「バカ親」とか「おろかな親」とかちょっとカゲキ(でもないか)の言葉が並んでいますが、それが現実。 もう一回読んでよく消化しよう。1回目は「ガツーン!」と殴られた余韻が大きい。

  • 2006/4/26 このへんは中学入試が無いのでほぼ無関係なのです。けれど「合格パズル」はこの本を見て買いました。

  • 「強育パズル」「算数パズル」で有名な宮本先生の教育論です。中学受験をする子どもを持つ親のために、とても役立ちます。

全32件中 1 - 25件を表示

強育論-The art of teaching without teaching-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

強育論-The art of teaching without teaching-を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする