おかあさまのためのコーチング

  • 90人登録
  • 3.64評価
    • (9)
    • (13)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : あべまさい
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2005年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887593640

おかあさまのためのコーチングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おかあさまとあるが、誰でも読んでほしい。

    子供に向かうとき、
    その人の優しさがわかるときなのかもしれません。

    おかあさまとは、そんなステキなときをギフトされる素敵な存在なのだなと思う。


    優しくて優しくて、
    愛おしくて愛おしくて、

    そして、

    まるで自分を愛してたいように不安で不安で、

    そんなゆれる思いで子供に接しているのかもしれませんね。

    どうでしょうか?

    本来自分の中にある優しさから言葉を伝えることをして見ませんか?

    すこしづつ、、、
    すこしづつ。。。。

    本当のあなたの優しさに気づかせてくれる本です。

  • コーチングを業としている著者の子育て実体験についての本。コーチングの入門にも丁度良い、分かりやすい内容でした。仕事としてても、子育てで完璧に取り入れるのはなかなか難しいけれど、心の持ち方や話し方一つで子供に近づけることが分かりました。とても参考になり、手元において置きたい本です。

  • コーチングの本はたくさんあるけれど、これほど親子関係をわかりやすく書かれている本を私は知りません。子どもから見た母を意識するとともにこの本を読むことで子どもにコーチングされたような気分になりました。本全編にあたたかさを感じ、読後に優しい気持ちになれました。

  • 職場の方にお借りした本。
    子育て本というよりは、ビジネスの話も多い。
    常に相手から教えてもらえる。気付かされる。

  • 上から目線で子育ての精神論を説くのではなく、「あ〜もうなんで?」あるあるネタと、それに対する捉え方がセットになっているので、どう接したらいいのかがかなり分かりやすく、スッと入ってくるのではないだろうか?
    ママだけではなくパパにもオススメの一冊です。

  • アクノレッジメント。
    その人の存在そのものを認めていく。その人がそこにいることに価値を置いていく。
    暇さえあれば、すきあらば、人をアクノレッジする。
    エンジェル・アイ。
    相手を無条件で受け入れる、そう決めている人の目の表情。
    視点を動かす。

  • コーチングへの入門によい一冊。こんな本が105円で手に入るブックオフってすてき。
    コーチングのことはあまり知らなかったけど,技術や在り方についてよく解った気がする。そして,帯どおり「あったかい」本だった。子どもも一人の人間として尊重して,一緒に歩む,一緒に成長していくんだっていう気持ちや,愛情にあふれてる感じ。

  • 一冊目に読めば良かったのかも。初めてコーチングの本を読む人向き?

  • 良書

  • モンテッソーリ教育関連本と一緒に読んだ本。どんな母親になりたいかイメージが大切。

全21件中 1 - 10件を表示

あべまさいの作品

おかあさまのためのコーチングを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おかあさまのためのコーチングはこんな本です

ツイートする