自分を磨く方法

  • 701人登録
  • 3.55評価
    • (62)
    • (85)
    • (172)
    • (13)
    • (5)
  • 120レビュー
制作 : 弓場 隆 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2005年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887594012

自分を磨く方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5年前くらいに読んだ本。

    色々なことが書いてあり、参考になりました。

  • 日々の生活には目標が不可欠です。しかし、なかなか達成できない、それはなぜか。答えは簡単です。言い訳ばかりで行動してないから。出だしから厳しい内容の本となっています。挑戦を避けるのは人生の損失であり、失敗は授業料として考える。逆に言うと、失敗したことのない人は、なにもしたことがない人です。そして、人生には変化が伴います。変化はリスクを伴うし怖いですけど、変化こそ成長の源、むしろ変化しないと人生が淀んでしまいます。目標設定と挑戦の心が大事なんだなと思う1冊です。

  • 自己啓発本ですが、自分にとっては対人関係に関して答えが、少しではありますが出た気がします。そう言った意味では読んでよかったかも。

  • 自分を磨く方法。

    明確な目標を持っている人は、10%らしい。
    その中で、自分はどう行動するか。
    明日の成功は、今日の計画の結果という格言があるように、目標に対して計画を立てている人が如何に少ないことか。

    やりたいことがある人向けの本で、そういった人に、頑張れ頑張れと、後押ししてくれる。。

    やりたいこと、夢、なりたい自分を追いかけよう。
    自分には力があるんだってそう信じることが大切。
    「自分を信じる」という章に、ゾウが子供の時の記憶を大人になっても引き続ける話がある。
    それって、子供の時にテストの点が悪くて自分は賢くないと思い込んでいても、そこから何年かして、色々な経験を積んでいる自分は、子供の時よりは賢くなっていることに気づいないっていう話に似ている。

    その頑張るためには、情熱を持つこと。
    情熱とはわくわくすること。
    朝起きてワクワクすることをやっていれば、成功に近づけている。

    単純な仕事でも、期待通りではなく、それ以上の努力をかけること。
    そして、間違いを恐れず、忍耐強く、物事に取り組むこと。
    失敗しても、そこから多くのことを学ぶこと。

    自尊心を高める方法。
    ・新しいことを学び続ける。
    ・良い人間関係を構築する。あえてネガティブな人と一緒にいる必要はない。
    ・スキルを磨く。
    ・自分の嫌な部分を変える努力をする。
    ・自分に対してポジティブに語りかける。
    ・思い切ってリスクをとる。
    ・冷静になる。
    ・現実的になる。
    ・運動をする。

    一番好きな考え方は、「相手がネガティブな態度をとるのは相手の自由。でも、私がポジティブに振る舞う権利は奪えない。」といって、いつでもポジティブであろうとする姿勢。是非見習いたい。

  • 随分前に読んだ物。10年前?久々に手に取りました。
    当時友達に貸したらとっても良かったと言ってもらえた。
    シンプルで読みやすい。

    この本も奮い立たせる事が出来たひとつだと思うけれど、夢をひとつ叶えて、自分の本当にやりたいレールに乗る事が出来ました。
    今は日々自分との戦いです。厳しい道のりですが、フットした時にとてもワクワクワクーっとするから不思議です。がんばろ。これを当時読んでいた気持ちが蘇ります。当時の私、私がんばってるよー!( 」*´0`*)」オォーイ!

  • うーん、いい本だけど、ただそれだけ。

  • 偉人の名言を交えながら書かれている。
    当たり前のことが多く書かれているが、実践出来るかがポイント。
    ページ毎にエッセンスが切ってあり読みやすい。

    個人的に身につけたいのが
    1.いっしょにして楽しくなるほどの情熱
    2.ポジティブな心の姿勢
    3.自分を信じる気持ち
    4.自分の強みを生かそうとする気構え
    5.卓越性を追及する向上心
    6.困難を乗り越えて業績をおさめる粘り強さ
    7.自分を甘やかさずに厳しく自分を律する態度
    8.周囲の反対にもめげずなか願望を実現する精神力
    9.あらゆる失敗にはそれと同じだけの恩恵が隠されていると考える楽天主義
    10.苦しいことがあっても目標を達成しようとする決意

  • 「他人の悪口を言ってはいけない。
    あなたが自分の名誉を守ってほしいと思うように、他人の話をするときは他人の立場に立ってすべきだ。
    第三者から他人について聞いた話をするときは、次の三つのことを自問しよう。
    ・本当か?(その話の内容は本当か?)
    ・必要か?(その話をする必要があるか?)
    ・親切か?(その話をすることは親切か?)

    どんなに素晴らしい人でも欠点はあるし、どんなに悪い人でも長所はある。他人の悪口を言うのは好ましくない。他人について何もいいことが言えないときは、何も言わないのが一番だ。」(58ページ)

    マスコミの皆さんも実践あれ。

  • 学んだ点
    ①失敗から学ぶ
    ②間違いを認めず、危機回避しようとすればさらに大きな危機を招いてしまう
    ③何をしたらよいのではなく、どのようにするかを考える
    実践
    ①失敗によって新しく学んだと思う
     └改善策だけでなく学んだことをノートに書く
    ②間違いを否定し逃げるのではなく、間違いを認め改善を考える
     └直接伝えるのができない場合はメールかスカイプでもいいからとにかく報告する
    ③できていないことに落ち込んだら、それを改善することに全力を注ぐ。できていないならできていないでまた努力する。時間がかかるかもしれなくても、努力することはできると考える。

  • ポジティブシンキングになるのにいい本。
    簡潔に書いてあるので、常に携帯する本にした。
    自分がネガティブになりそうな時に読むと、
    気持ちを前向きにし、前へ推し進めてくれそう!

全120件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
東野 圭吾
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

自分を磨く方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする