頭がよくなる思考術

  • 1119人登録
  • 3.48評価
    • (53)
    • (124)
    • (125)
    • (37)
    • (12)
  • 136レビュー
著者 : 白取春彦
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2005年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887594142

頭がよくなる思考術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『頭がよくなる』と言っても、これを読めば記憶力が上がる、とかいう訳ではなくて、考え方、物事の捉え方を多様化して、幸せに生きよう、といった感じの無いようです。
     
    1つ1つは実に簡潔で、そんな教えが全部で55。
     
    1つ1つ実践していくことが大事ですね。

  • 一気に読んだ。
    謙虚に、疑いを持って、真理を求めよう。
    頭がよくな思考術=楽に生きる思考術なのだと、教えてくれた。

  • 何度も繰り返し読み返して、心に留めておきたいワードがたくさんあります。本棚の常備アイテム。

  • あっという間に読み終わる。端的に言い切って、あと咀嚼するのはお前らでなという潔さが心地いい。確かに知性の最大のブレーキは、葛藤や自尊心や恥を怖れる気持ちかもしれない。身近な「頭のいい人」を思い浮かべると、無邪気な恐れ知らずが多い。子供こそ手本。

  • 1つのテーマごとに短く分けられていて読みやすい。
    ただ、題名にある「頭がよくなる」には疑問が残る。


    第2章は読んでよかった。

    17_他人の思惑を気にするな。
    他人の思惑は実は自分が想像しているだけのもの。

    内容的には、特段目新しいものはなかった。
    良く考えると当たり前の事が多く書かれていて、
    普段それらを意識して実践できているかというと話は別。

  • ニーチェの言葉で有名な白取春彦さんの図書。考え方を整理し、本質を探るための目、見通しを持って考える大切さを学びました。また、固定概念にとらわれず、当たり前こそ疑うことから始めることもまた大切だと実感。
    仕事が嫌ではなく、嫌なことも好きになる要素を考えることを考えるのも大事。
    日々の忙しさの中で見えなかったことが少し見えた一冊でした。

  • 最後のP-127 『55.わからないことから逃げるな』が、著者の伝えたかったことと私は受けとった。

    「考える」ことについて、古今東西の多くの古典、啓蒙書、哲学書から示唆された知恵を基礎に著者からの助言が書かれている。

    「考える」時の状況や事情によってだいたい6つの傾向に分類し、状況によってどれか1つだけでなく2〜3つ組み合わさったものが、私たちの日常の思考であるとし、5つの「頭をつくる」ことについて説明している。

    55の項目がそれぞれ見開き2ページ、800文字前後で読めるので、ちょっとした休憩の際にパラパラと目に止まったところを読んでもいい…

  • 良い。「頭がよくなる」かどうかは分からないが、無駄なことにストレスを抱えず、前向きかつ効率的に人生をおくるための参考になる一冊。

  • いつも行く本屋で、「地味に売れています!」とのコピーが目についていて、前々から買おうかな?と迷っていた本。いつまでたっても、「地味に売れています!」と地味に宣伝していて、棚から消えないので、これは地味にいい本かも?と思って購入。著者のコメントから『本書はあなたが考えるときに実際に役立つ助言をさせていただくものである。しかし、わたし独自の考えだけを披露したものではない。古今東西の多くの古典、啓蒙書、哲学書から示唆された知恵が基礎にある。』考える術の基本的、根本的なことが非常に簡潔に書かれている。ハウツウ本のように具体的ではないし、煽るような記述もないので、こういう類の本に対して、往々にして抱く、反感は起こらない。ただ、理解はできるが、実践するのは大変そう。実践できる人はそもそも、この本を読む必要はない。凡人である私なんかは、時々読み返す必要がありそうだ。

  • 完結で読みやすかった。
    自身が置かれている状況によって響く言葉が違って来るんだろうなと思う。

    はっとしたものをメモ。

    ●他人の思惑を気にするということは自分で勝手につくりあげた幽霊に脅えることのようなものだ。

    ●あなたが雑用を雑に行うならば、それはまさしくうとましい雑用になる。
    しかし、こまごまとした用事を丁寧に行うならば、あなたは確かに精神的な安定感を得るだろう。

    ●なにか新しいことをなす人は、要するに発見する人である。
    あたりまえのことをあたりまえとせずに疑うからである。

全136件中 1 - 10件を表示

白取春彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

頭がよくなる思考術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

頭がよくなる思考術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

頭がよくなる思考術のKindle版

ツイートする