図解 これが記憶法のすべてだ!

  • 46人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 大島清
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887594432

図解 これが記憶法のすべてだ!の感想・レビュー・書評

  • 電子書籍版もあるようですが、実際に書き込む形式の脳トレが付いているので、紙の本の購入をおすすめします。

    脳科学関連の本って、専門用語が多く解説も結構難しくて頭に入ってこない場合がほとんどなのですが、こちらの本は図解もあってとても分かりやすくて脳の構造を理解できました。

    紙に書き込む対応のトレーニングは、般若心経を書いたり、百ます計算したり、日本や世界の白地図を埋めたり、記号を記憶したりなどいろいろな種類のトレーニングがあり刺激になりました。

    特に、世界や日本の地図はわかっているつもりでも案外覚えておらず、もっと教養を身に着けなきゃな…と気づくきっかけになりました。

  • 手足アゴを動かすといい

    五感、特に嗅覚を使うといい

    読んだり書いたりするといい
    →特に読みは脳を活性化させる

    夜寝る前に覚える
    →朝復習する

    神経細胞は普段二%しか使われていない
    →もっと使うべき

    遠くを見るといい。空間を把握する脳は言語を理解する脳にも使われている

    毎日10分でも覚えようとすることが大事

    記憶は飛行機に似ている
    →滑走から離陸までに労力を使うがとんでしまえば、慣性の法則であまり、労力不要

    記憶も、記憶同士が結びついて、楽に覚えられるようになる。

  • 「脳と記憶のメカニズムを知る」
    「脳の働きを利用した10の記憶法」
    「日常生活の中で記憶を高める5つの行動」
    「記憶力トレーニング」

  • 脳科学を研究した医学博士の著者が、記憶の仕組み、それに叶う合理的な記憶法を書いた本。ほとんどが今まで記憶するときに普通におこなってきた「書いて覚える」とか「連想記憶」、「寝る前に覚える」などで、あまり目新しさはなかった。ただ大体の記憶法が網羅されていること、今までなんとなくおこなってきた記憶法に根拠付けがされていることでよりそのメカニズムを意識して記憶できることは、この本を持つメリットだと思う。

  • ちょっとした空き時間を使って1日〜2日で読めちゃうボリュームながらも、とても充実した内容です。

    読後、学んだ知識を生活に反映させてみた結果、英単語の記憶効率が上がりました(!)

    オススメ。

全6件中 1 - 6件を表示

図解 これが記憶法のすべてだ!を本棚に「積読」で登録しているひと

図解 これが記憶法のすべてだ!はこんな本です

図解 これが記憶法のすべてだ!のKindle版

ツイートする