会話ヂカラを学べ! (マジビジ4)

  • 136人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (13)
    • (24)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : Aバーカー
制作 : ディスカヴァー・クリエイティブ 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887594654

会話ヂカラを学べ! (マジビジ4)の感想・レビュー・書評

  • 人間関係を円滑にする/情報を引き出す/相手を説得する……。さまざまな場面で会話は重要な役割を果たしている。そのため会話のスキルとは多種多様だ。「話す」、「聞く」、「質問する」…など、幅広いスキルを駆使して、会話は組み立てられる。本書は、そうした幅広いスキルをコンパクトにまとめている。少しずつ読み進んで、1つ1つコツコツを身につけてもよいし、全体を通読して自分の強みと弱みを確認することもできる。会話上手になるためにまず最初に手にとってほしい1冊。

  •  明日にもビジネスで役立つこのシリーズ。単純明快に説明し、文章を読むよりも図で説明しているのでわかりやすい。

  • コミュニケーションにおいて大切なことのエッセンス的な本。これを読めば会話ヂカラが上がるというより、ある程度力のある人が確認に使うって感じがした。おしゃれでさわやかな本。

  • 若い人向けの本です。左のページが説明・右のページがまとめになっていて、読みやすいです。さっくり読めちゃいます。

  • 今就活生の間で話題のコミュニケーション能力を鍛えたいと思い購入。寄藤文平氏のイラストが後押しとなった。
    内容の「質」としては、ビジネス社会に入ってからのコミュニケーションに役立つであろうアドバイスが読みやすい形で掲載されている。「オープン・クエスチョン」や「ネガをポジに変える質問」などは、僕のアルバイト先の店長が実際に使っているのを耳にするし、答える側としても気分が良いものだ。
    しかし、本書の欠点は内容の「量」な気がする。一応この本は会話ヂカラの「ほんの入り口」という位置づけのもと書かれているが、それにしても入り口すぎて、物足りない感が大きい。
    後ろのページで、会話ヂカラを向上させるための10冊として他の著作が取り上げられている。この10冊が買われることで、これらを選書した土井英司氏に新たな儲けが入るようなシステムになっていないことを祈るばかりだ。

  • 分かっちゃいるけど、いざ会話をすると忘れてしまう心掛けの色々。
    自戒の念を込めて時々紐解きたいと思います。

    0303-0304
    /////
    人間関係を円滑にする/情報を引き出す/相手を説得する……。さまざまな場面で会話は重要な役割を果たしている。そのため会話のスキルとは多種多様だ。「話す」、「聞く」、「質問する」…など、幅広いスキルを駆使して、会話は組み立てられる。本書は、そうした幅広いスキルをコンパクトにまとめている。少しずつ読み進んで、1つ1つコツコツを身につけてもよいし、全体を通読して自分の強みと弱みを確認することもできる。会話上手になるためにまず最初に手にとってほしい1冊。

  • 「マジビジ」シリーズの「会話ヂカラを学べ!」はビジネスシーンでの意思伝達能力UPを目的として、要点を纏めている。

    見開きの左側に詳細説明、右側に要点を図入りで纏めたもの、という構成になっている故、要点を掴みやすい。 従い会話本の導入本としては最適な本だと思う。 次のステップに進みたければ他に詳細テクニックを紹介している本に進めば良いと思う。

    本自体も薄く、持ち運びも重くないので訓練がてら携帯するのも悪くないだろう。

全7件中 1 - 7件を表示

会話ヂカラを学べ! (マジビジ4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

会話ヂカラを学べ! (マジビジ4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

会話ヂカラを学べ! (マジビジ4)はこんな本です

ツイートする