図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく

  • 128人登録
  • 3.24評価
    • (3)
    • (8)
    • (22)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 鈴木義幸
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887594715

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「答えは自分の中にある」その「答えを知る」手助けをするのがコーチの役割です。

    少し前まで、コーチングセッションを受けていました。
    受講動機は、私の強みを知り、それを今後の人生に生かしたかったからです。

    自分を知ることは大切です。
    自分のタイプ(あるいは傾向)を知ることで、それを生かした仕事のやり方や
    会話の仕方がわかります。
    また自分の周りの人のタイプがわかれば、ゆとりあるおつきあいができるでしょう。

    今回ご紹介する本は、自分自身のタイプを知るとともに、
    ふだん仕事で接している人たちのタイプを知る本です。
    簡単なテストによって、タイプ別の仕事の接し方がわかります。
    うすい本なので、サラッと読めるのもうれしいです。

    もちろん人間を、単純にタイプで決めるのにはムリがあります。
    でもある程度の傾向を知ることで、円滑なコミュニケーションが得られるなら、
    お互いに幸せですよね。
    テストの結果を、人間関係を潤滑にする、一つの目安としていただければ幸いです。

  • 実用的。
    タイプ分けすることが目的ではなく、切り口として見るにはよい。
    この切り口から入ってみて、あとは人それぞれ個別の対応をしてみるということができる。
    4つというのもマジックナンバー±2になっているので覚えやすい。あまりタイプが多いと忘れちゃうよ。

  • 2016/1/30

  • 20160102

  • こちらもテキスト作りの参考書として購入。
    コーチ・エィ社の独自のチェック項目、分類が元になっているので、逆に参考にできない…。笑
    とっても分かりやすいタイプ分けなので、このまま使ってよければ使いたいし、きっと研修も盛り上がるんだろうなと思うんだけど、さすがにパクれないし。封印。

    でも同じような研修を入社時に受けたような気もして…私サポーターだったような(苦笑)、、、お金かけたら使えるのかなー。

  • コーチングを行う上で、大切なことは「相手を知る」こと。
    相手のことを、「好きか嫌いか」とか「自分と同じか違うか」のように2極化でとらえてはいけない。2極化してしまっては、コミュニケーションをしようとしなくなってしまうから。
    だから、4パターンに分けてみたってところ。
    自己主張が強く、感情表出が高い、プロモーター。
    自己主張が強く、感情表出が低い、コントローラ。
    自己主張が弱く、感情表出が高い、アナライザー。
    自己主張が弱く、感情表出が低い、サポーター。
    相手のタイプを見極め、そのタイプに応じてアプローチを変えると良いとのこと。

    で、まずは自分のタイプを知ろうってことで、テストを。
    ・・・コントローラー兼アナライザーだよ?

    本書にも「1つのタイプのみにはまることは少ない」って。

    えっと、ごめんなさい。確かに一つのタイプのみに人間すべてがはまるなら、本書の内容を丸暗記して、その相手ごとにアプローチを変えればいいけど、人間は複雑だからこの本書に記載の通りに、相手のタイプをこちらで判断していざ実践してみたら実は相手のタイプが違ってコミュニケーションが取れないなんてことたくさんありそう。しかもいろいろな属性もってそうって、マニュアル通りに対応できないよー

    本書の意図をちゃんと読めていないのかもしれないけど、実践するのは微妙かなあ。

  • コントローラー・アナライザー・プロモーター・サポーターの4種類に分類して、その対処方法を紹介している。
    相手のタイプが分かれば、その対処法を意識することでつまらない気分を害する話を回避することができる。
    まずは探りを入れるのがポイント。

    そんな私はアナライザーです。

  • 表紙を見たときは、コーチングを4つのタイプに分けて語ろうとは、なんとザックリなと思ったのですが、それがそれが、かなり当たってます。冒頭から、具体的に誰かの顔が浮かぶはずです。それと、具体的にどのように話しかけたらいいかと、アドバイスがあるのですが、関係があんまりうまくいってないかなっていう人には、間違ったアプローチをしていたと気付かされます。おもしろいです、コレ!

  • 人間のコミュニケーション性向を4つにタイプ分けするCSI(Comunication Style Inventory)についての解説本。
    タイプ分けといっても人間は必ず4つに分けられるとか、このタイプだからどういう性格と断定的に決めてしまうのではない。誰もが複数の性向を持っているし、人間の行動は多様だ。タイプ分けをすることで、とりとめもないコミュニケーションに一種の指針を築く。意識的にそれぞれに対する対応を変えることでより良いコミュニケーションをとることができる。
    知っておくと得をする考え方だろうな☆

全17件中 1 - 10件を表示

鈴木義幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チップ・ハース
トニー・ブザン
コーチ・エィ
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくに関連する談話室の質問

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくはこんな本です

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする