バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵

  • 789人登録
  • 3.45評価
    • (47)
    • (58)
    • (138)
    • (22)
    • (4)
  • 82レビュー
制作 : 齋藤 慎子 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2006年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595163

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し評価を下げますね;
    今読むと、世知辛いって印象しか残らなくて。
    ごめんなさい、
    私は痛い目に遭うとしても、無邪気に人を信じる方を選びます。

    賢しい人になれなくても、いいや。

  • 努力する
    人生の目的は、自分の歩むべき道を見つけて、できるかぎり完璧な人間になろうと努力することにある。

  • ひとつだけ心に残ったことは、丁寧に相手に対応すること。

  • 感動!こんなに心を直撃する言葉を400年も前の人が生み出していたなんて。
    1ページ毎に心を突き刺さる、染み渡る言葉が出てきます。
    たとえばこんな感じ。

    『人らしくふるまい、神のように見抜く。』
    これが神の法則であり、自明の理である。

  • 伊勢BF

  • 読みやすい。
    もののわかった人は高潔な人と付き合い、見栄えだけで行動するような人を避ける。
    有能な人は、偉大さを発揮する人、学術学問に足跡を残すような人とつきあいたいと思うもの。
    大事なのは知識より知人なのだ。

  • 賢人になるためにはどのような心構えが必要なのかを200項目以上列挙している。内容的に矛盾するような表現もあるが、それらのバランスを取る必要があるということであろう。常に高みを目指し、短所を排除する必要がある一方であまりにも完璧主義に陥ってしまうと細かいことにとらわれすぎてしまう、などある程度読み砕く必要がある。印象に残ったのは素直でありながらもバカ正直に生きないこと、周りに全てをさらけ出さないこと、嘘はつくべきではないが親切すぎたり周りから評判が高いとなんでもやってしまってうまく利用されてしまう点。賢人はすなわち世の中の人と人の関係性に関して理解をし、相手が何によって行動を掻き立てられるのか上手く理解をしている人である。関係性の具体的な例としてどのように人に対して接するべきなのかを説いている。自分なりに本書を読んで意識したいことは、運は長続きしないので好調な時に次の準備をしておくべきである、感情的にならず自分が関係すべきものに集中せよ、相手には全てをさらけ出さない、真摯に仕事に取り組み自分のすべきことにフォーカスせよ、高すぎる目標や期待値を相手に抱かせないことで達成可能な目標を設定し、必ず目標は達成せよ。

  • 実際問題として、楽しむことほど大切なことはない。本当の意味で人に与えられているものは時間だけで、しかも貧富に関係なくみんな平等に与えられているのだ。

    ニーチェの言葉と同じシリーズ。ニーチェは「偉いこと言うね」だったけど、こちらは「え?それでいいの?」と感じた。手の内を明かさないとか(本音で語り合わなくていいの?)、多数派の意見に逆らわないとか(意見は主張してこそなんじゃないの?)、皮肉をうまく使うとか(素直に生きなきゃいけないんじゃないの?)、他の「正しき道」を示す自己啓発本とは少し違う視点が多かった。つまりは、明るく楽しく人間らしく、悪いことをせず(いいことをしよう!ではない)慎ましく生きなさいということなのだろう。親近感の湧く一冊。

  • 超訳ニーチェのほうが面白かったけどこちらも言葉が詰まっていた

  • 良い話が満載です。
    私が思うに、この本のいい使い方としては、たくさんのお話のそれぞれに対して
    「自分はどう思うか」を考えることではないかと思います。
    いろんな考え方を聞いて自分に取り入れるというより、
    いろんな視点に対する自分のポジションを明確にするのにとっても役に立ちます。

    自分がそこまで考えてないで生きてるのも分かります(汗;)

全82件中 1 - 10件を表示

バルタザール・グラシアンの作品

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵を本棚に「積読」で登録しているひと

バルタザール・グラシアンの 賢人の知恵はこんな本です

ツイートする