水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)

  • 231人登録
  • 3.48評価
    • (16)
    • (27)
    • (50)
    • (3)
    • (4)
  • 40レビュー
著者 : 左巻健男
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595286

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
宮部 みゆき
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

  • 今流れている某ミネラルウォーターの宣伝が、どうしても気になる。見るたび福島のことを考えてしまう。日本で売られているミネラルウォーターより、日本の水道水の方が安全基準が厳しい。願望をこめた根拠のないイメージに踊らされないように。。

  • 「ニセ科学を10倍楽しむ本」の中の一つ「水は字が読める」で参考文献として紹介された本です。もっと詳しく知りたい、読んでみたいなと思っていたんです。そうしたら本当偶然なんですけど、よく行く本屋の古本コーナーの特価品コーナーで見つけたのです。100円ですよ。ラッキーな出会いでした。「本当に読んだの?」というくらいに綺麗な古本でした。「水に”ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」「マイナスイオンは健康にいい」聞いたことある。本に書かれて出版されても嘘であることって多いんですね。でも、今でも信じていて、人に話したり、テレビで話題になったり、学校の先生が子供に話したり…。勉強しないと騙されますね。

  • 「ありがとう」と書いた紙を水に向けたまま凍らせるときれいな結晶ができる。「ばかやろう」と書いた紙を向けるときれいな結晶ができない。そういう話を聞いたことがありますか? この話が、学校の道徳の時間にも使われていたのだそうです。「人間も70%くらいは水からできているのだから、みんなきれいなことばを使いましょう」と話を持っていくのだそうです。皆さんはこの話をどう受け取りますか? もちろん、この事実?が書かれた本はいわゆる「トンデモ本」です。つまり、科学のそぶりをしたエセ科学です。原因と結果が全くはっきりしない、再現性もない、こういうモノを科学とは呼べません。にもかかわらず、小学校の先生たちが授業で扱ったというのです。まあ、誰かがこれを指導案としてインターネット上などで公表していたのだと思います。それにしても、それをあろうことか理科の授業もするであろう先生たちがどうどうと生徒に話していたとは、信じがたいです。でも、けっこう、本当にこれは科学的であるのか、何の根拠もない話なのか、区別するのは難しいところです。だからこそ「あるある」の捏造事件なども起きるのでしょう。著者は理科教育の専門家として、科学リテラシー(科学を理解する力)の育成を推進されています。私も理科教育にかかわるものとして、日々そのことを念頭に授業を進めたいものです。本書の後半には、水ダイエットとか、ミネラルウォーターのことや浄水器の話が出てきます。こちらも結構おもしろいです。

  • あ~~溜飲~~溜飲下がりっぱなし~~~
    この手の水商売に!分かりやすい説明をしてくださっています。結果は全部偽物ですよと。
    世の中には科学が解らない人がいるのはわかる。社会が解らないのといっしょです。でも、それに付け込んだ詐欺があるのは許されない。ちょっとだけ、考えてみればわかりますもんね。水は流体なんだけどと。塩素はむしろ残ってないと危ないんだよと。みなさんがちょっと考える癖をつけてくれれば…。そういうものなんだで済ませず、どうしてそうなるのと考えてくれれば…この手の水商売は減っていくと思います。
    なおこの手の水商売は水商売とは異なります。

  • 大元の話を知らないと、なんでこんなものかこうと思ったのかすら判らないだろうね。
    世の中には、水に優しくすると綺麗な結晶が出来ると説き、それを信じる人がいるということだ。
    その他、水にまつわる、変な話への警鐘。
    本としては大して面白もんでもなかった。

  • 『水からの伝言』批判の本かなと思いきや、結構「水」全般のことについて書かれていて、勉強になった。
    もちろん、『水からのー』批判には一章割かれているんだけども。
    浄水器の考え方など、今一度参考にさせてもらおう。

  • 私は新書を読むことも、科学的な話題を理解することも苦手なのですが、何故かこの本の内容は頭の中にすんなりと入っていきました。筆者である左巻氏のほかの文章を読んだ際にも感じましたが、左巻氏は非常に文章の構成が巧みで、誰にでも分かるようある程度簡略化して科学について説明をしてくれているのだと思います。ニセ科学については、非常に興味深い話だと思いました。ただ少し前の本のため、東日本大震災が起きてしまった後となっては、水道水は安全だと言い切ることができるのかという点だけが疑問です。

  • 江本勝氏のトンデモ科学を筆頭に、正しい科学リテラシーを持つことによって、騙されないようにしましょうという本。クラスターの小さい水と書いてあったら、疑うようにします。201312

  • 飲む水が1.2リットル
    食べ物の水が1リットル 野菜果物はほとんと水
    計2.5リットル
    排出されるのも2.5リットル
    水の役割、各細胞に栄養分と酸素を渡し、不要物を受け取って捨てること、 体温調整
    汗をかいてもダイエットにならない。体脂肪を落とす
    おいしい水の条件
    冷たい水ーー井戸水とか
    「硬水」カルシウム、マグネシウムが多い水
    「軟水」カルシウム、マグネシウムが少ない水 日本に多く、日本人がおいしいと感じる
    100前後で切り替え
    市販のミネラルワォーターは井戸水に沈殿濾過加熱殺菌したもの
    フランスとかの方がミネラルは多いが、野菜を食べる方がミネラルを摂取できる
    水道水は10分以上ふたを開けて沸騰させる
    朝一番の水は使わない
    旅行に行って長期間はバケツくらいの水を放流する 鉄が含まれているから
    浄水器(活性炭、マイクロフィルター
    浄水器をつけてもミネラル量は変わらない

  • よく分からない水の商法にだまされちゃダメよな話。

  • 『水は答えを知っている』を皮肉ったタイトル!

    やっと出たか、という感じですが、えせ科学のウソを暴いてくれた功績は大きいと思います。

    他にも怪しげな水ビジネスにも切り込んでいてくれて、私たちの生活に欠かせない「水」についての基本的知識を与えてくれます。

  • 水が人の言葉を理解するなんて、信じる人はいなかろう、と思っていたら、案外多くてびっくりした。
    そして、マイナスイオン発生器つきの扇風機を買った自分を省みて、深く反省。

  • 検定外教科書を書いた事で有名な筆者が、怪しげな水ビジネスをバッサバッサと斬っていき、水についての正しい知識を啓蒙する本。

    左巻教授が、日本人の科学リテラシーの低さ、疑似科学・似非科学の跋扈、教育現場の思考停止などに対して危機感を抱いている事が端々から読み取れる。

    「おわりに」では「人はなぜ科学を学ぶのか?」書かれているが、その第二の理由が、昨年の3.11大地震、津波、原発事故を経た今、強く心に響いてくる。科学についての理解を深めることで、自分や家族の生命・財産を守ることも出来るし、流言飛語やデマを広げて自分が加害者になってしまうこと、他人に危害を及ぼすことも防げるだろう。

  • 「水って情報が伝わるんだ。さすが波動。」と漠然と思っていましたが、何の根拠も無い単なる思い込み(しかも間違った)という事が、よく分かりました。人間て簡単にダマされるものなんですね。それだけ情報が多く、自分で判断できなくなっているのでしょうか?そのへんの見極めが難しいです。

  • 今さら、水の波動だのなんだののニセ科学にだまされる人はいないだろうし、その意味では「今さら読んだ本」。
    でもやはり、きちんとした科学の知識を持った人が、ニセ科学をぶった切るのは快感。
    古今東西、あらゆるジャンルで「ニセもの」は無くならないだろうが、真贋を判断する指標があればだまされずにすむ。そういう意味で「よくやってくれた」という本。
    だいたいムカついてたんだよ、『水からの伝言』とかのシリーズ。
    「コーランを聞かせたら、ほらこんなに水の結晶がきれい」って、確かコーランの「アブー・ラハブの両手は滅びてしまえ!」という節じゃねえか。アラビア語がわからないから、コーランならなんでもいい言葉しか書いていないと思いこんだのだろう。結構激しい罵倒が書いてあるんだよ、コーランは。
    水そのものについてもとても勉強になった。

  • アマゾンで紹介されていたので読んでみた。<br />怪しい水ビジネスを科学的に論破している。<br /><br />少し難しかったがなんとか理解できた。<br />紹介されている水ビジネスのいうカガクがなかなかばかげているので直感ではすぐに否定できるが、ここまで科学的根拠に基づいて意見が述べられていると安心できる。<br /><br />本の内容には直接関係ないが、「愚民教育」というキーワードに心が惹かれた。<br />「カルト資本主義」も前から気になっていたので読んでみたいと思う。<br /><br />この本で紹介されている水ビジネスの誇大宣伝?にはほとんどなじみがなかったのであまりピンとこなかったのが少々残念だった。<br /><br />それでも後半の3章、4章、5章の内容は面白く読めた。<br /><br />人の体における水の役割、おいしい水とはどんな水?、水道水とミネラルウォーター、浄水器の仕組みなど…。

  • 無条件で信じていた自分に反省

  • なんでスピリチュアル系の人は、あんなに根拠のないことをあんなにすんなり信じられるんだろ~って、考えてて、そういうことを信じきれない私って、心がすさんでるのかな・・・って悩んだりしたけれど、別にみんながいいって言ってるからって、全部受け入れなくたって、いいんだ。



    自分が信じたいことしか、人は信じない。

  • [ 内容 ]
    「水に“ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」
    「波動水やマイナスイオンは健康に良い」
    「磁石で水は活性化する」
    …それってホント?
    科学的根拠がないのに、いかにも科学的であるかのような顔をして世にまん延する“怪しい水ビジネス”を、検定外教科書のベストセラーで知られる科学教育の第一人者が徹底検証します。
    科学が苦手なあなたにも、「ニセ科学」にダマされないための視点や知恵がしっかり身につく一冊。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 水に「ありがとう」と言うと綺麗な結晶が出来る。まぁ,そう信じるのは自由だが,それを学校の教材に使おうとなると話は別だ。学校教員の質ってそんなもんなんだろうか?まぁ,一握りの阿呆が印象を悪くしている感は否めないが。これでは,進化論に加えてID学説を教えろ主張する米国の状況を笑っていられない。
    この本は基本的に”水商売”を題材に,疑似科学を取り扱っている。ちょっと主張にパンチは無いものの,無難にまとまっている。文章も平易であり中高生くらいならば読めるだろう。

  • 「水は答えを知っている」という、トンデモ エセ科学満載の本があります。
    どうやってもウソと言う結論しかあり得ないのに、本を信じて 学校教育で紹介する人まで出てくる始末でした。指摘されれば反証しろと喰ってかかる始末。まず自分が実証して欲しい。 ちゃんと指摘する本が出てくるのが世間の良識だと思います。

  • ちまたでは水についていろんなビジネスが流行っている。
    私も科学の知識に乏しいので、どんな成分が効果があるのかについて説明されても、わからない。
    科学らしい言葉を使われて説明されたらそのまま情報を鵜呑みにしてしまいそうだ。
    科学の知識が必要だというのは生活面からも重要だとわかった。

    てことで、就職活動が終わったら、科学の話も勉強しようっと。

  • 水はなんでも知っているという本が如何に腐っていてインチキなのか分かります。

    そのたマルチ商法の商材になっている浄水器関連のホニャララ水の悪事が暴かれます。

    ぜひどうぞ。

  • 「パイウォーター」や「クラスターの小さな水」等怪しい水商売の説明から、いまや学校教育に取り入れられて問題となっている「水に言葉をかけると内容によって結晶の形が変化する」にまで切り込んでいます。

  • 「ありがとう」と書いた紙を見せた水を凍らせるときれいな結晶ができ、「ばかやろう」ではきたない結晶になるというエセ科学に対して真っ向から反論した本。エセ科学に対して科学的に反論している。一見科学っぽく見せることによって一般の人を信じ込ませてしまうという例がたくさん挙げられており、興味深かった。

全40件中 1 - 25件を表示

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)に関連するまとめ

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)はこんな本です

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)のKindle版

ツイートする