子どもは若殿、姫君か? 現代教育論批判 (ディスカヴァー携書)

  • 26人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 川嶋優
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595392

子どもは若殿、姫君か? 現代教育論批判 (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

  • 子どもと向き合う大人に向けた本。
    教育関係者はもとより親になる(かもしれない)人(つまりみんなに)読んでもらいたいな、と思えるような考え方が多く読みながら「ふむふむ」とうなづいていたり。

    “その子にとっても、周りの人、社会にとっても、必ずプラスでなければいけないのです。個性とはそういうものなのです”(P33)

    この本、学生時代に恩師にオススメされてたことを読みながら思い出しました。

  • 学習院初等科元校長による教育講演集。
    読みやすくて痛快。

全2件中 1 - 2件を表示

子どもは若殿、姫君か? 現代教育論批判 (ディスカヴァー携書)はこんな本です

ツイートする