無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

  • 2883人登録
  • 3.50評価
    • (206)
    • (379)
    • (684)
    • (70)
    • (19)
  • 381レビュー
著者 : 勝間和代
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595446

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
安河内 哲也
有効な右矢印 無効な右矢印

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法の感想・レビュー・書評

  • 勝間さんの本は勢いがある。語りかけて来る。だから、やろうと思える。
    この本には、読者は似たような本をいくつも手にしているだろうが、本の内容を実践しないうちに次の似たような本を買うなと書いてあった。
    そうそう、なんだかこの手の本はモチベーションを高めるためのものになってしまっているんだな。
    書かれている内容、やってみよう!

  • ・基礎を最初に徹底的に学ぶ
    ・先達から、勉強の仕方をしっかり聞く
    ・学ぶ対象の基本思想を理解する
    ・学んだことを自分の言葉でアウトプットしてみる
    ・勉強を楽しむ

    量が勝負と、インプットを繰り返していくと、それが一定量を超えた瞬間、ある日突然変わるようになる。問題意識を持って質のよい情報を乱読する。

    学校で出来た横のつながりを大切にする

  • 久しぶりによい勉強の仕方の本に出会った。
    この本に書いてあることを自分ができることから実行してみている。
    驚くほど学習の能率がよくなった。

  • 効率的な学習方法について書かれている。

  • 現在のカツマーブームの火付け役になった初期の一冊であります。

    これを読んで実践したからといって、いきなり年収が10倍になるわけではありませんが、
    ここでいうような効率重視の考え方は単純に仕事のためだけでなく、
    よりよい人生を送るためにも必要なのではないかと思えます。

    これを読んだ後は、プライベートも仕事もお金も時間も無駄には出来なくなります。

  • 勉強が求められる仕事を選び、「仕事」という強制力を利用

  • 多くの自己啓発書を刊行している著者ですが、具体的な勉強法のテクニックを説いた本としては、本書と続編の『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、その代表作になるのではないかと思います。

    本書では、勉強を続けられる仕組みを作ることの大切さが繰り返し主張されています。そして、勉強を収入のアップにつなげていくことが、もっともモティベーションの維持になると著者は語ります。

    本書は、「基礎編」と「実践編」に分かれており、「基礎編」ではパソコンやIT機器を利用することで効率よく勉強するためのテクニックが解説されています。10年近く前の本なので、今では本書に書かれている内容は多くの人に知られていますが、刊行当時は新しい勉強法として受け入れられたのだろうと思います。

    「実践編」では、英語、会計、ITスキル、資産運用など、収入アップにつながる分野とその勉強法が紹介されています。

  • 2007年刊行。いわゆる勝間本の中では、わりあいまともに書かれていると思う。売り出し中に出した書籍だからだろうか、本書は書きなぐって出版したとの弊害は少ない。もちろん、タイトルの「年収10倍アップ」には誇張があることはいうまでもないが…。

  • 今年は実のある勉強の習慣を定着させたくて。
    いまの私ならITILだな、そろそろFAUNDATIONだけだとショボい感じになってきました。

    面白かったのは、勉強分野の歴史、背景を把握してから取り組むというところ。
    英語なら日本語と比較し聴覚優位(日本語は漢字があるので視覚優位)の言語である、多民族国家なので言語体系、文法はシンプル。などなど。
    この本では英語、会計、IT、経済学あたりを仕事の基礎体力ともなる分野として紹介してて、IT以外の3分野の知識は圧倒的無知。。
    リーマンのたしなみ程度にはわかるようにしときたいなぁ。。

  • 多くの難関資格を習得された勝間さんならではの勉強法が紹介されている。
    ・基本を徹底的に学ぶ
    ・成功された方の勉強の仕方を聞く
    ・学んだ内容をアウトプットする(ブログ、SNSを活用)
    ・耳での学習(英語でビジネス書を聞く)
    ・目での学習(新聞などを通勤時間、仕事の空き時間に見る)
    勉強時間が長いからいいわけではなく、短期間で集中して、勉強効率をあげることが大切であると気づかされました。また、人に教えてあげるように、自分の言葉に置き換えられるまで学ぶというところに共感しました。

  • 懐かしの本。この本をきっかけに、大人になってからの学びのあり方が変化しました。

    基本的なところは今でも「なるほど」と思えるので本当に私にとっての良書であったのだと思います。

    早起きでもなく、夜更かしでもなく、働いて子育てして家事をして、それでもできる学びの方法の提案は当時とても新鮮で、どれだけ励まされたかわかりません。

    出会えてよかったと心から思える一冊です。

  • 実戦的な本だなとおもった。
    いろいろと具体的に実際の名前を出して紹介してあったりするのでわかりやすい。

    途中、『金持ち父さん、貧乏父さん』のことに触れてある箇所がある。
    この本を読むまで株・投資などの不労働収入ということにとても抵抗があった。
    この本を読んでなるほどと思ったのは確か。
    でもやはり、手は出せないけれども。

    生産性、という言葉について考えた。
    産業を生む。
    物を作ることが生産。仕事(をする場)を作ることも生産。
    ふ~む。

    会計の章で家計簿を複式復帰でつけるというのが面白いと思った。
    以前の会社で会計ソフトに数字を入力したりしてはいたもののいまいちよくわからなかったから読み解けたほうが面白いだろう。
    筆記ができれば今後役に立つだろうか。

    そして最後の章で
    『よくありがちなのが、ただ読むだけで終わってしまうこと』
    とあった。
    まんま自分のことだとドキッとする。
    読書は趣味と開き直らずに、少しでも引っかかったところは記録する癖をつけよう。
    記録しないと忘れちゃうからね。

  • 自分で稼ぐためには何をするべきか、気になったので読みました。
    興味があったのは英語、会計、経済。
    共通するのは
    ①基礎を最初に徹底的に学ぶ
    ②先達から勉強の仕方をしっかり聞く
    ③学ぶ対象の基本思想を理解する
    ④学んだことを自分の言葉でアウトプットする
    ⑤勉強をわくわく楽しむ

    月収の5~10%を勉強に投資し続ける。
    勉強法について大事なのは道具とやり方。
    睡眠は最低でも6~7時間取る。
    資格を取るなら最上級まで。

    勉強道具は投資なのでしっかりしたものを用意する。
    ノパソ・・・携帯電話やMDが出てきたのに時代を感じました;(2007年発売)
    耳の道具は今ならスマホで十分でしょうか?

    初心者が英語を勉強するには英語のCD等を1000時間聞く。
    目から鱗というか、1日30分しか聞いてないのに上達するわけがないと実感。
    多読もしたいですね。
    TOEIC860点を目標に。

    簿記2級持っていますが数年前に取ったのでもう一度勉強しなおしたい。
    3級勉強中に問題を解くのが楽しくて楽しくて・・・そのまま2級を取ってしまった系なので、最上級の1級を狙うのも悪くないかも。
    とっても普段使うことがないと忘れる→家計簿を複式で付けてみる。
    日経新聞を読む(皆読んでるから)

    気になったところはこんなものかな?
    なんせ10年前の本なので今とは違うところが多々ありますが、基本は変わらないと思うので実践あるのみ!かな?

  • 10000時間のことが書かれていたような……

  • 年収アップのためのスキル、資格取得のための方法について
    勉強法や本、ツールなど具体例をだして説明してある。

    考え方の基本的な部分は同意できるし、勉強になることも多いが
    本が書かれてから年月がたっているので、紹介されているツールや機器については時代遅れな感じは否めない。

  • 本は乱読。英語はやっぱり聞く。グロービスで人脈。会計

  • 会計、IT、英語が重要。

  • 話題の(本文当時)〝勝間本〟を初めて読んでみた。

    冒頭近くに太字でこんなお言葉が、
    「この格差社会を子孫も含めて生き延びるために勉強しよう」
     力強いが、なんとも生々しいメッセージである。

    さて、私なりに内容をサマリー。
    ・「内容より仕組み作り」
     社会人の勉強では根性論や努力を信じるな、と明言。成程確かに〝社会人の勉強〟とアカデミックな勉強は目的が違うのだ、と知る。仕組み化の効能を重視する点は本田直之本と共通している。この辺は最先端のビジネスノウハウが共有する普遍的な部分のようだ。
     そして、その仕組み化のための各論で勝間らしさが迫ってくる。具体的なのだ。無線LANとMP3、マインドマップ、フォトリーディングの活用を勧める。ノートPCやMP3プレイヤーでは製品名まで挙げていてすごく具体的。

     教材、機材、学習の戦略など、総合的に〝勉強の仕組み〟を作るべし。これが勝間メソッドとみた。とりわけ、英語も会計学もまずは基礎だけを半年間みっちり学ぶべし、という積み上げ式方法論を推奨。読んでいて、なんだかやる気が湧いてくる。

     さらに、〝勉強量をこなせばある日突然成果が現れる〟というお言葉や、「ディープ・スマート理論」という魅惑的な考え方も登場。目標やゴールは特にないのだが、それでもとにかくスタートラインに立ちたい気分になってくる。

     で、年収10倍アップの方法であるが、それは能力を高めた上で、より年収の高い仕事に転職すべし、ということである。
    それはちょっと…、と躊躇した私であるが、次のページには、転職が難しい人への提案として投資を勧めている。これまた具体的な金融商品を挙げていてぬかりが無い。

     思えば、自分で考えて可能性を切り開くことは、実は大変なエネルギーを要するうえ、不安な道行きでもある。この勝間本では、これを買ってこれを読み、これをやりなさいという按配で具体的な指図をしてくれる。それに乗っかる安心感は得られる。その辺が人気のツボと見た。                

  • 勉強のモチベーションが上がった。

  • ノウハウ本。こういう勉強方法が良い、というものは知識としてはあったが、あまり実践する気にならなかった。この本ではモチベーションアップや、勉強の敷居を下げる方法が豊富で参考になる。ただ、勝間和代本人はそれでモチベーションが高く保てるかも知れないが一般人には無理だろうと思うような方法も。俺も勉強するか・・・

  • 寝る前に一言!率直に!
    著者の年収が10倍になるのに約8年かかったと記憶しておる!
    著者の年収が10倍になった具体的数値は本書には記述がない!
    私自身の年収も著書を読んで、早8年が過ぎたが、残念ながら年収は10倍にはなっていない
    ただし、8年で人生が変わったことだけは確かに申し添える!
    以上!寝なければ!

  • ”年収10倍アップ”は大袈裟ですが、社会人になってからも資格取得や技能習得の為の勉強の必要性を説いています。重要なのは、読むだけで満足するのではなく、実際に行動(勉強)する事ですが。

全381件中 1 - 25件を表示

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法を本棚に「積読」で登録しているひと

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法の作品紹介

公認会計士二次試験(合格率6%)を史上最年少の19歳で合格
以後、フルタイムの仕事をしつつ、かつ3人の子どもを育てながら、
中小企業診断士試験(合格率4%)、オンライン情報処理技術者試験(合格率4%)合格
TOEICは新卒時420点から3年間で900点へ
社会人大学院でファイナンスMBAを取得。
その結果、年収を16年間で新卒時の10倍とした著者が初めて公開する、
本当に効率的で合理的で楽ちんで、目から鱗の勉強法。

●勝間式勉強法5種の神器
無線 LAN つきのノートパソコン
MP3(MD)プレーヤー
速読術
親指シフト
マインドマップ

●扱う勉強の内容
英語   めざせ、TOEIC 860点
会計   「さおだけ屋」を超える知識とは?
IT   みんなに頼られるエキスパート
経済   日経新聞の裏を読める
転職   身につけたものをお金にしよう
資産運用 勉強内容が収入に直結する

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法はこんな本です

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法のKindle版

ツイートする