何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)

  • 18人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 栗田哲也
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)の作品紹介

1970年代からわずか十数年で、日本社会は『運命共同体』から『消費社会』へと大きく移り変わった。もてはやされる人間像は、『偉い人』から『かっこいい人』へ、また人々の平等を保障するものも、『宗教』から『お金』へと変容した。この目まぐるしい価値観の変化についていけず、苦しむ若者も多かった。
 そして、グローバル経済によって主役が国家から企業へと交代し、『ポスト消費社会』が生まれかけている現在、再び価値観に大変動が起きようとしている……。
  このような転換期にあっては、人はただ歴史のうねりに翻弄されるしかないのか? ——著者は、時代を動かしている力の正体を見定めずに、小手先の改革を行っても意味がないと警鐘を鳴らす。本書は、学者の視点ではなく一個人の実感をもとにこの40年の歴史を検証し、現在起こりつつある価値観の変容を予測する異色の評論となっている。

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)はこんな本です

何が時代を動かすのか―ポスト消費社会の価値観を求めて (ディスカヴァー携書)のAudible版

ツイートする