塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)

  • 45人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 鈴木亮
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595583

塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごい参考になる

  • 中高一貫公立校について知るためのスタートラインに立つために有効な本。


    育児・受験・ビジネスなどの「全てにあてはまるこれと言った正解がない」系の本は苦手だ。個人の成功話に終始することが多いので。

    でもこの本は、こうやって私は成功したからあなたもやれば のようなところはなく、情報提供の割合が多く、役に立った。

  • [ 内容 ]
    公立なのに私立のよさを取り入れた中高一貫校が各地に誕生、「第三の道」として人気を集め、最高20倍もの高倍率となっている。
    本書は実際に九段中等教育学校に長男と次男を続けて合格させた日本経済新聞記者が、どのように入試に備えたかを、入試問題の分析や使用した参考書や問題集等々を具体的詳細に語るだけでなく、公立中高一貫校のユニークな教育内容を紹介するとともに将来像も予測。
    東京をはじめ全国に続々と誕生している公立中高一貫校をこれから目指す親子の心強いガイドとなる一冊だ。

    [ 目次 ]
    第1章 長男の受験顛末記
    公立中高一貫校が受験地図を塗り替える
     サプライズだった合格
    入試はこんな問題だった
    塾に行っていた子は少数
    第2章 これが公立中高一貫校だ
    九九年に第一号
    東京では白鴎が先陣 
    厳密には「受検」
    公立復権を目指して
    私立に負けない教育目指す
    安い学費も魅力

    第3章 次男の受験体験記
    体験授業にびっくり
    入試対策に「天声人語」と「春秋」
    夏休み、いよいよ始動
    過去問に挑戦
    父親のかかわり方
    結果よりプロセス
    自家製問題集
    本番で役立った作文練習
    第4章 机上以外の受験勉強
    委員会などに参加する
    地域の行事もおもしろい
    旅行も役に立つ
    スポーツに学ぶこと
    テレビの功罪
    学習マンガは使える
    第5章 塾よさらば
    おかしな偏差値
    あきれた対策
    どこまで塾に行くの?
    通信添削はどうか
    模試の効用
    塾への違和感
    第6章 インターネット活用と直前対策
    ネットで問題集購入
    ホームページを活用
    過去問でミニ模試
    〇七年の過去問は宝の山
    最後の一週間
    エピローグ 公立中高一貫校世代へのエール

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 今更よんでも遅いけど・・・・(-_-;)

  • どんな受検勉強をしたらよいか迷っていたときに出会った本。
    励みになりました。

全5件中 1 - 5件を表示

鈴木亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)を本棚に「積読」で登録しているひと

塾不要 親子で挑んだ公立中高一貫校受験 (ディスカヴァー携書)の作品紹介

公立なのに私立のよさを取り入れた中高一貫校が各地に誕生、「第三の道」として人気を集め、最高20倍もの高倍率となっている。本書は実際に九段中等教育学校に長男と次男を続けて合格させた日本経済新聞記者が、どのように入試に備えたかを、入試問題の分析や使用した参考書や問題集等々を具体的詳細に語るだけでなく、公立中高一貫校のユニークな教育内容を紹介するとともに将来像も予測。東京をはじめ全国に続々と誕生している公立中高一貫校をこれから目指す親子の心強いガイドとなる一冊だ。

ツイートする